沖縄終戦 沖縄の「終戦の日」 事実上の終戦記念日 6月23日

沖縄の終戦記念日は、本土の8月15日の終戦記念日と違います。沖縄の「終戦」について~沖縄の事実上の終戦記念日~

沖縄終戦の日 6月23日

沖縄終戦 【読者投稿】沖縄の「終戦」について~沖縄の事実上の終戦記念日~

私は、8月15日に沖縄本島にある平和祈念公園の資料館が休館日でがっかり

し、サブタイトルに「第60回終戦記念日なのに、なんと祈念資料館は定休

日でした、あなたはそれでいいんですか?」とさえ書きました。

 

すると、この記事をご覧になった読者の方よりご意見をいただきました。

論点は、終戦記念日は沖縄と本土では、認識の違いがあるということです。

沖縄の終戦 本土の終戦

沖縄の終戦記念日とは、組織的な抵抗が終わった昭和20年6月23日を事

実上の終戦記念日と捉え、平和を祈念し「慰霊の日」としています。

現地の意識を汲み取れないまま、政府の行う「終戦記念日」をそのまま当て

はめていたことに対して、十分な理解ができていませんでした。

以下は、投稿をいただいたコメントをご紹介いたします。


 

沖縄の「終戦の日」読者からの指摘

(前略)

終戦の日は日本国内では8月15日で有りますが私は沖縄では6月23日だ

と考えています。昭和20年6月23日は沖縄守備軍の牛島司令官と長参謀

長が自決し、沖縄における軍令体制が消滅した日で有ります。

この日を節目とする事には色々異論は有りますが、沖縄県が1974年に

「慰霊の日」として制定した事に関しては、私は正しい事だと思っています。

以後30年を経過し「慰霊の日」は沖縄県民にとって、かけがいの無い日と

成って居る事を否定する事は出来ません。

内地での8月15日には、沖縄では日米の軍事戦闘はほぼ収束し、アメリカ

政府による占領政策が施行され、沖縄本島の県民は平穏を取り戻しつつ有っ

た時期ですので、8月15日を終戦と呼ぶには沖縄県民の実感からは遠いも

のが有ると思います。

それから私は15年に渡って沖縄の人と付き合っていますが、沖縄の人達が

平和に対して無頓着だとは感じて居ませんので・・・

沖縄の6月23日と内地の8月15日・・色々な意味を含んでの平和祈念日

としてご理解を頂き、その上で会社の皆様にお話をして頂き皆様のご理解を

頂く様宜しくお願い致します。

 

なるほど、貴重なご意見ありがとうございます。

沖縄の「終戦の日」慰霊の日には歴代の首相も追悼式に参列

投稿メールを読んで、その後、ネットで検索をしてみると、確かに「慰霊の

日」は6月23日に行われていて、慰霊の日には歴代の首相も追悼式に参列さ

れていました。この日は、学校もお休みになるようです。

いろいろ調べてみると、理解の不足が明らかになりました。

当初のサブタイトルを変え、内容を若干変更することにしました。

沖縄終戦 恩納村 沖縄戦の記録が恩納村遺族会によって保存

国際通りの終戦直後の状況です

国際通りの終戦直後の状況です。

国際通りの終戦直後の状況です

アメリカ軍が恩納村に上陸して、日本が降伏した頃、山に篭っていた人達

が、どんどん降参して出てくる写真がありました。

読谷の海に上陸しているところの写真です

民間人の皆さんは、武装解除された兵隊さんと同じく、強制的に収容所に入れられました。

読谷の海に上陸しているところの写真です

アメリカ軍が、読谷の海に上陸しているところの写真です。

アメリカ軍の火炎放射器によって、洞窟に避難していた民間人の多くの方が

焼き殺されました。

原因は、民間人の避難所に日本軍の将兵が入り込んできたためのようです。

この本は、恩納村の遺族会が発行しています

この本は、恩納村の遺族会が発行しています。

この本は、恩納村の遺族会が発行しています

第二次世界大戦では、終戦間近には、沖縄が、戦場となり、本土よりも先に

攻撃され、多くの民間人が戦争の犠牲者になりました。

第二次世界大戦では、終戦間近の様子です

こういう大変な思いがあったことを忘れてはいけません。

第二次世界大戦では、終戦間近の様子です

ひめゆりの塔は、その悲惨な戦争の代表的な事例ですが、ここ恩納村にも、

アメリカ軍が上陸し、洞窟や洞穴に立てこもって、隠れたいた民間人と軍隊

とが、一緒に攻撃されて、多くの戦死者が出ています。

ひめゆりの塔

 

ひめゆりの塔へ慰霊の参拝


 

ひめゆりの塔自体は、それほど大きなものではありません。

象徴的なのは地下の防空壕を病棟代わりに使い、ここに多くの傷病兵と医師

および看護の人たちが、医療施設も、医薬品も劣悪な中で、最期まで励まし

合いながら、6月18日の解散命令の日を迎えました。

ひめゆりの塔のすぐそばに「ひめゆり平和祈念資料館」ができているので入場しました。

この祈念館の活動は、生き残った同窓生の人たちが、皆さんで力を合わせて

誰からの公的な資金も援助も受けないで、自分たちの力でこの戦争の悲惨さ

を伝える為に造ったとのことです。

私と奥さんは、今日の終戦記念日のお参りとして、お花を買って献花をしました。

ひめゆりの塔の周りを柵で囲い、その柵の下にはかつての病棟である防空壕

が当時のまま保存されています。

今は柵のすぐそばに献花台が設けられ、たくさんの方が毎日冥福を祈る鎮魂

の祈りを捧げています。

病院といっても、野戦病院なので、防空壕の中に造られた本当に医療施設と

しては粗末なものです。

ここに木製の蚕棚のような二段式の簡易ベッドが洞窟に沿って並べられ、次

から次へと運び込まれる傷病兵を収容しました。

しかし、医薬品はほとんどなく、化膿した患部からはウジがわき、壊死を防

ぐために、麻酔薬のないまま、皆で押さえつけて手足の患部を切断したということです。

詳しいことは、平和祈念資料館をリンクしていますので、こちらを参照してください。

沖縄終戦 沖縄戦の悲惨

1945年4月1日から始まった沖縄本島への米軍の侵攻は、わずか2ヶ月

あまりの6月18日には、日本軍から解散命令が出るに及び、行き場を失っ

た民間人の人たちは、多くは自決、戦死、負傷などにより、多くの犠牲者を出しました。

迫り来るアメリカ兵が投降を呼びかけても、「戦陣訓」に従って、「生きて

虜囚の辱を受けず、死して罪禍の汚名を残すこと勿れ」という教育に洗脳さ

れ、自らが死を選ぶ結果となりました。

今となっては、ずいぶんとむごい事を強要したものです。

ひめゆり平和祈念資料館

広い中庭にぐるっとまわるような形で建物が広がって、それぞれの部屋には

戦争の悲惨さを伝える展示物や、あるいはスライドやテレビなどが当時の模様を伝えています。

16,17才で動員された女子高校生の人たちは、ほんの少しの人たちが生

き残っていますが、彼女達がこの記念館を作る原動力となりました。

今回、この元ひ めゆり学徒の方が、歴史を伝える証人として、館内で当時

のことを直接入館者に語りかけてくださいました。

ひめゆり部隊の生き証人 語り部の方から聞いた話

1945年4月といえば、東京大空襲、サイパン玉砕、その後に沖縄の決戦と

いうことになりましたが、実際は敗戦の色濃く、沖縄で抵抗する意味も希薄

な戦況 でした。

ところが、沖縄の人たちにはまだ本当の戦況を伝える情報が伝えられていな

かったので、必ず勝つものだと思っていたそうです。

そして、病院へ行くように言われて、皆で手伝いに行きました。

ひめゆり学徒の女学生たちは、すぐに陸軍病院に配属されました。

4月1日、米軍は沖縄本島に 上陸し、徐々に南下してくるに従い、日本軍の

死傷者が激増します。

その結果、更迭されてくる負傷兵の看病や水汲み、あるいは手当、あるいは

死体埋葬に追われ、仮眠を取る閑もなくなったそうです。

最初は、手足を切断する医療現場で、卒倒したり、目も開けられなかった学

徒も、毎日のことなので、次第に慣れていきます。

遺体の埋葬、切断した手足の埋葬、傷の手当て、傷口の膿の吸い取りなど、

看護教育も受けないまま、苦しむ傷病兵を助けるために一生懸命病院に協力しました。

5月下旬になると、米軍が迫ってくる中、生徒達は日本軍とともに陸軍病院

を出て本島、南端部に向かいました。激しい艦砲射撃が続く中で、6月18日

を迎えます。その日、学徒たちには突然の「解散命令」を受けました。

もう逃げるところもない中で「これからみんなで自由にしていい」と言われ

ても、どうしようもない状態だったそうです。

しかも、防空壕にも戻ってはいけないということになりました。

米軍が包囲する戦場を逃げ惑い、ある者は砲弾で、ある者はガス弾で、ある

いは自らの命を手榴弾で失いました。

奇跡的に助かった人たちは、ほとんどが気を失ったり、あるいは奇跡的に捕

虜となって助かった人だけでした。ほとんどの人が亡くなりました。

今も大きな災害や天災、事故が起きたとき、生存者の心の中には、「自分だ

け生き残って申し訳ない」という自責の念にとらわれることがあります。

ひめゆり学徒の生存者の方も、終戦後、長らくこの「自責の念」の呪縛がありました。

しかし、戦後40年あまりも経って、やっと、歴史を伝える証人、語り部と

しての新しい使命感が芽生え、そのエネルギーが一つに集まり、平和祈念資

料館の建設の原動力となりました。

平和祈念公園

海の見える高台での食事で、ここで60年前、大変な戦闘が繰り返され、多

くの人が犠牲になったとは思えないような今は平和な佇まいになっています。

午前中は、思わず涙も出るほどの悲しいお話を歴史を伝える生き証人から直

接聞き取る機会に恵まれました。

私の父は、太平洋戦争では軍医としてフィリピンに出征し、食べるものもな

いまま野山を彷徨した話を、子供のときに父から直接聞いた記憶があります。

子供のとき、食べ物に不満を言ったとき、フィリピンでは虫や小動物を食べ

たことを思えば、贅沢を言ってはいけないと叱られたことを今日の終戦記念

日にあらためて思い出しました。

思えば、戦後60年でずいぶんと贅沢な生活に慣れてしまったものです。

平和になった時、平和を得るための犠牲になった方々のことを忘れないよう

に、語り継いでいきたいと願います。

沖縄 戦争に関する記事 アーカイブ

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください