変わりゆく 淡路市大磯港 海は山砂で埋まり干潟が生まれ アオサギとウミウの狩場に 

投稿No:8744

変わりゆく 淡路市大磯港 海は山砂で埋まり干潟が生まれ アオサギとウミウの狩場に 大磯港はアオサギと海鵜の楽園 変わりゆく大磯港 24時間稼働の フェリーボートの発着港だった大磯港 明石海峡大橋が出来... 

淡路フェリーボートの大磯港 砂に埋もれてきている。大磯港は昔の自然に戻ってる。淡路市大磯港は、淡路フェリーボートの港でしたが、楠本川の運ぶ砂で港は浜辺に変わってきています。U君やMちゃんはおじいちゃん・おばあちゃんの家に泊まった想い出も、記憶に残ります。

投稿No:7857

淡路フェリーボートの大磯港 大磯港が砂に埋もれてきている。大磯港は昔の自然に戻ってる。淡路市大磯港は楠本川の運ぶ砂で港は浜辺に変わってきています。幼い頃の外泊の想い出は、大人になっても、記憶に残ってい... 

淡路市大磯港 鰯のサビキ釣りは、入れ食い状態です。U君はすっかり夢中になってしまいました。Meちゃんも釣りをしたがっています

淡路市大磯港 鰯のサビキ釣りは、入れ食い状態です。U君はすっかり夢中になってしまいました。Meちゃんも釣りをしたがっています片山正喜さんの指導で、岸壁から鰯のサビキ釣りをU君は体験しました。 淡路市大... 

大磯港を作ったのは、三洋電機の井植歳男社長です。

大磯港の周辺で、今も残っているのは、お好み焼きの小磯です。 明石海峡大橋が完成する前は、神戸から淡路島に渡るには、淡路フェリーボートを利用していました。淡路島出身の三洋電機の社長・井植歳男さんが、故郷... 

三洋電機 井植歳男社長が創った淡路市大磯港は、上流から運ばれる砂に埋まってきています

淡路市大磯港は砂に埋もれ、遠浅の浜辺になってきました。 家族で淡路(3) 淡路市大磯を拓いた 三洋(SANYO)電機社長 井植歳男 淡路市大磯は、三洋電機 井植歳男社長が拓いた地域です。 大磯は井植歳... 

淡路フェリーボート大磯港に船を導く灯台跡は、釣り場に変わっていました。

ダイエーの保養所があった頃は、釣り場には多くのダイエー社員の家族連れが釣りに来ていました。金崎農園でイチジク狩り(4) 世の中は、シルバーウィークといって、3連休が2回も続いています。高速道は車でいっ...