日本は豆の文化 毎日毎日豆食品 豆から作られる食品は 豆腐、味噌、醤油、煮豆、納豆、枝豆、きな粉、ゆば,もやし,煎り豆,豆乳,きな粉,おから, 凍り豆腐,油揚げ, 厚揚げ

投稿No:8814

日本は豆の文化 毎日毎日豆食品を食べてます。豆から作られる食品はこんなに 豆腐、味噌、醤油、煮豆、納豆、枝豆、きな粉、ゆば等、もやし、煮豆、煎り豆、豆乳、きな粉、豆乳、ゆば、おから、 凍り豆腐、油揚げ、

日本は豆の文化 毎日毎日豆食品 豆から作られる食品がいっぱい

インドへ行けば、カレーの匂いがするように

韓国へいけば、キムチの匂いがするように

日本に来れば、豆の匂いがすると言われています。

日本は豆の文化と言われています。

食文化はその国の特徴や、習慣を表しています。

日本食には豆から作った食品で溢れています。

大豆を使った加工食品

大豆はさまざまな食品に加工され、日々の食生活に利用されています。

豆腐、味噌、醤油、煮豆、納豆、枝豆、きな粉、ゆば等、もやし、

煮豆、煎り豆、豆乳、きな粉、豆乳、ゆば、おから、 凍り豆腐、油揚げ、

厚揚げなど大豆食品は多岐にわたっています。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 豆腐

豆腐料理「八かく庵」で、創作豆腐会席「京さくら」を頂きました

京都の名水から作る豆腐はじめ、京湯葉、生麩などがある豆腐料理専門店です。

マメを素材にして、幅広い豆腐料理を美味しくいただきました。

食事会

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 味噌 

牡丹鍋用の味噌に、沖縄宮古島の宮古味噌を加えて鰹味が入ると、肉と魚のコラボレーションになります。

牡丹鍋の味噌に宮古味噌を入れ、さらに、合わせ味噌も加え、ブレンドします。

後は、甘味はみりん、香りは日本酒で、臭み消しに山椒を加えて、味付けします。

味噌がなければ、美味しいぼたん鍋の味付けできません。

牡丹鍋

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 醤油 

大豆、小麦、塩を原料とする調味料です。

刺身、煮物、鍋料理には欠かせません。

春になると炊くのが、いかなごのくぎ煮です。

いかなご1kgに対して、醤油340cc、

砂糖240g、みりん90cc、お酒50ccです。

このほか、黄金糖のアメを、1kgに2個入れます。

イカナゴのくぎ煮は醤油と砂糖の加減で味が決まります。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は あんこ まんじゅう

あんこ まんじゅう 設立記念日のお祝いに紅白饅頭を用意しています。

設立記念日には、社員の皆さんにも、紅白饅頭を差し上げています。

日本の文化には、おめでたいときは紅白饅頭を配る風習があります。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 豆ごはん 

彦根料亭 やす井の豆ごはん

近江米の豆ごはんには、ゼンマイが一緒に炊きこまれています。

漬物盛合せと、お味噌汁を、豆ごはんと一緒にいただきます。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 納豆 

納豆と玉子かけごはん

子供達のために、納豆を用意しています。

納豆と卵黄で、朝ご飯をいただいています。

娘が言うことには、ママの朝食は、世界一だそうです。

マメを使った料理は、納豆の他に味噌汁、豆腐があります。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 味噌汁 

しじみの味噌汁

みそ汁は、無くてはならないメニューです。

毎朝、味噌汁をいただいています。

しじみの味噌汁は、肝臓に良いと言われています。

味噌はいかりで買った、うき糀味噌です。

うき糀みそとは、味噌中に麹粒の見える味噌を麹味噌と呼びます。

更に新潟県上越地方で造られる糀味噌は「浮き糀みそ」と呼ばれ、

みそ汁にすると糀粒が表面に浮かぶのが特徴です。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 湯葉(ゆば)

京都のグルメです。JR京都駅の「ゆばと京旬菜 松山閣」で豆腐料理をいただきます。

豆腐料理を高級料理といっても、原価はたいしたこともなく、

器で見栄えを磨いて、付加価値を高めています。

JR京都駅の「ゆばと京旬菜 松山閣」で豆腐料理

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 豆乳

玄米豆乳ヨーグルトの種菌確保の努力が続いています。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 枝豆 

丹波篠山の黒枝豆

ビールを飲むときのおつまみの定番は、枝豆です。

黒豆の枝豆を、黒枝豆と呼んでいます。

粒が大きく、味も絶品です。

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 油揚げ 

固めの豆腐を薄く切り、水分を除いたものを120℃の油で揚げ、大きく膨れて浮き上がったものを200℃の油で揚げて外側を固くしたものです。

油揚げで、いなりずしを作ります。

甘く炊いて、うどんに入れるとキツネうどんになります。

蕎麦にいれると、タヌキそばに変ります。

 

日本は豆の文化 豆から作られる食品は 赤飯 

お祝いごとに食べる赤飯

祝い事に添えられるのが、赤飯です。

乳児の100日目には、お食い初めがあります。

この時には、赤飯が必ず炊かれます。

金城家の100日のお食い初め

文化に関する 関連記事 アーカイブ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください