神西湖のしじみは、7月が最高に美味しい時期です。

神西湖のしじみをふんだんに使って、新潟のうき糀味噌で、しじみのお味噌汁を作りました。

「お父さん、友達から神西湖のしじみが届いたから、あげる!」と、嬉しい提案がありました。なぜ、嬉しいのかというと、しじみの味噌汁は、肝臓に良いと言われているからです。

では、なぜ肝臓が心配なのでしょうか?それは、アルコール摂取が、自分でも少し多いかなぁという、自問自答があるからです。

それなら、アルコール摂取量を減らせばいいのに、というのは一般的な考えで、これがなかなか実行できません。例えば、ダイエットなら食事の量を減らせば、少しずつやせられるだろうという答えと一緒です。でも、美味しい物を目の前にして、なかなか減らせられないのです。

頂いたしじみを開けてみると、実に立派なしじみです。

神西湖は、島根県出雲市の西部に位置する汽水湖です。西南に三瓶山を拝み、アシやガマに囲まれ、シジミがよく穫れます。

神西湖は「出雲国風土記」にも登場する美しい湖です。大国主命の神在、あるいは須世理姫の命(すせりひめのみこと)の神妻から由来しています。

汽水湖の塩分濃度は、潮の満ち干きによて大きく変わります。この自然の変化に対応出来る内蔵が発達したシジミは、大粒で旨味があり、栄養も豊富なんだそうです。

しじみの一番美味しく食べられる時期は、7月~8月の中旬です。なぜなら、夏の時期はしじみにとって産卵期となります。この産卵期には、身が最も大きくて、プリっとした身を味わうことができるので、しじみの身を美味しく食べたい人には一番良い時期です。

次によく収穫出来る時期が1月~2月にかけてです。

この時期は冷たい水の中で育っている為、とても身がしまったしじみを採ることが出来ます。ギュッと栄養素が凝縮されていて、よりコクのある出汁を取ることが出来ます。(byしじみ屋

鍋に入れて、お味噌汁の用意をしています。しじみを加熱していくと、鍋の水の色は、乳白色に濁ってきました。

味噌はいかりで買った、うき糀味噌です。うき糀みそとは、味噌中に麹粒の見える味噌を麹味噌と呼びます。

更に新潟県上越地方で造られる糀味噌は「浮き糀みそ」と呼ばれ、みそ汁にすると糀粒が表面に浮かぶのが特徴です。

なかなか美味しそうな、しじみ味噌汁が出来ました。

これは大変贅沢な味噌汁なのです。なにしろ、そごうの地下魚介類売り場で、しじみを見てみると、ほんの少しのしじみでも、500円はしていました。

これだけ由緒ある味噌を使って、粒の揃ったしじみをふんだんに使っている味噌汁なのですから、出来上がったら、分けてくれた娘にも、完成品を持って行きます。

2015年6月1日(月)