明石の魚の棚で、魚を選んでいます。

魚の棚で魚を選ぶとき、手間のかからない、すぐに食べられる魚といえば、ゆでだこと焼き穴子です。 5月の満月を観に淡路へ(3) 社長ブログ淡路/明石魚の棚商店街/昼綱和膳 穂の花

淡路ジェノバラインの岩屋~明石間の短い船旅が終わると、明石に上陸です。

明石港から、JR明石駅までの間に、有名な魚の棚商店街があります。

魚の棚商店街は、魚屋さんを中心にお店が広がっていて、活きの良いお魚を買う事ができます。

春には、魚の棚で、釘煮用のイカナゴを売っています。

普段は、お昼頃には昼編みの魚が店頭に並んでいて、地元の人や観光客を、お店の人が呼びこんでいます。

お店によっては、私の事を、社長さん、大将、お父さん、と、呼び方が違っています。

少しでも足を止めると、呼び込みは一層熱を帯びてきます。

あれも買いたい、これも買いたいと思ってみても、善意で買った魚でも、家に持って帰ると、この魚、誰が捌くの?と追及されるので、買いたくても買えません。

もちろん、ある程度高いお魚なら、お店の方で捌いてくれます。

しかし家に着く頃にはせっかく活きの良い魚も劣化してくるので、買う気が失せてきます。

魚の棚のお店は、それぞれ専門があって、イカナゴの釘煮を売るお店は、一年中釘煮を売っています。

穴子のお店は、毎日穴子を売っています。

明石の魚の棚には、何でもこれまで来ています。2007年2月の様子は、こちらです。

魚の棚の通りの中に、お店を辞めた空き地があって、そこは今、歯抜けにならないように、魚の棚商店街が共同して使って、今日は青空市場を開いていました。

せっかく魚の棚に来ているので、活きの良いネタのにぎり寿司を昼食に食べて帰ろうと思い立ち、一軒のお店に入りました。

にぎり寿司は、松竹梅があって、特上8貫で2000円です。

観光客がいっぱいで、かなり待たされました。

昼食なので、皆さんお酒を飲んでいなくて、寿司を食べるだけなら、すぐに食べ終わっていました。

待たされたのは、独りで寿司を握っているので、寿司を作る時間がかかっていた事です。

すぐに食べ終えて、JR明石駅に向かって、進みます。

奧さんの調理の手間のかからない、劣化が気にならない、そんなものは何かと考えて、お店の前を、何を買おうかなと考えながら歩いています。

買い物が決まったのは、焼き穴子と、ゆでだこです。

これなら、調理の手間を煩わす事はありません。

ビールのおつまみにもすぐ使えます。

焼き穴子とゆでだこを買って、魚の棚からJR明石駅まで、ゆっくり歩いて約5分です。

2016年5月21日(土)