旅館の食事は、食べきれないほどあります。良い物をちょっとでいいのですが。

美作市の湯郷温泉にしき園では、お部屋に料理を運んでもらっても、サービス料は無料でした。 美作市湯郷温泉(5) 社長ブログ神戸/旅行・宿泊/湯郷温泉にしき園で夕食

美作市の湯郷温泉の温泉街は一ヶ所に固まっていて、これまで宿泊した宿がごく近くにあります。

竹亭の前を通っています。竹亭の温泉は、こんな感じでした。

薄暗くなってきたのでにしき園に戻ります。

にしき園は湯郷温泉の他の温泉に比べると、施設は大きい方になります。

6時半の夕食は、お部屋に料理を運んでくれます。

お部屋食の場合、サービス料を10%負担するシステムが増えていますが、

にしき園では、そのサービス料は無料でした。

美作市には、ご当地のブランド牛、美作牛が育てられているようで、

今夜のメニューにも美作牛が用意されています。

松茸もありました。松茸の料理方法は、焼き松茸です。

上等な松茸を焼き松茸にすると、部屋中に匂ってくるのですが、今夜の松茸は部屋中に匂うほどではなく、鼻を近づければ匂ってくるレベルです。

旅館の夕食は、旅館同士の競争もあって、多品種で食べきれないほどの量になっています。

シニア世代になると、どちらかと言えば上等な物を少量で良いのですが、そんな選択肢はありませんでした。

今夜の仲居さんは、勝北町から美作市に車で通っている方です。

「私はサービスの研究をしているんです。私は顧客満足の研究をしているんです。各地で経験したサービスをブログに書いているんです。」

と話すと驚いたように、それならにしき園の事を良く書いて下さいと頼まれました。

2015年10月14日(水)