ホテルアナガで、美顔エステの施術を受けます。

ホテルアナガで、奥さんが美顔エステの施術を受ける間、ipadで暇つぶしです。 淡路(2)

ホテルアナガに来ました。昨年末、ホテルアナガに宿泊したときに、オプションに全身マッサージが付いていました。

そのアフターサービスに、お顔のマッサージ、といっても、エステティックなマッサージのサービスで、無料ご招待チケットがあり、後日受けられるようになっていました。

それには期限があって、6月末が最終期限です。アフターサービスは、松葉博雄と奥さんの二人についています。しかし、松葉博雄はお顔のエステを受ける気持ちがないので、二人分を一度に奥さんが受けられるように交渉して、話がついたので、松葉博雄は施術が終わるまで、ホテルのロビーで待つ事にしました。

施術が2人分で70分、およそ2時間、とっても暇です。暇つぶしに、ipadでいろいろ情報を読んで過ごしました。

ホテルの人も気の毒に思ったのか、時々は飲み物のサービスをしてくれました。

今日のお天気は、小雨模様の曇天で、アナガホテルの外に出て、散歩するほどのお天気ではありません。

外にも出られず、ずっとアナガホテルのロビーの様子を見ていると、花屋さんがやってきて、ロビーのあちらこちらに飾っている、生花の入れ替え作業を始めました。

ホテルのロビーには、人工の観葉植物を置いて、生花の代わりをしている所も多くありますが、ホテルアナガでは、きっちりと、生花を使って花盛を作っています。

見ていると、花を育てるのは専門家のようですが、生け花をするには、やや素人っぽさが見受けられます。花を育てて、花を生けるこの一連の作業は、何人もの専門家が必要なようで、一人で作業を遂行するには、少し難しさがあるようです。

私ならもっと、こんな具合に生けるのになぁと、見ながら自分流の花の生け方の構想を描いていました。

美顔エステが終わると、時計はすでに14時をまわっていました。これから近くの和食の店に行って、昼食を頂きます。

アナガホテルの敷地には、ホテル専用のボートが係留されています。前回泊まったとき、定置網を持っているので、食材はこのボートを使って、定置網の所まで行き、魚を収穫するそうです。

アナガホテルから福良港に回ります。福良港からはすぐ近くの「万代」が、お目当ての和食の店です。今年の5月に、同窓会で利用した店です。

万代は、期待した店ですが、着いたのが14時半だったので、午前の部は終了した後でした。「せめて、13時半に入ってもらえば、お料理を作らせてもらいます。」と言われました。

当てのない福良港で、どこで食事をとろうかと思うと、福良港の港の中にある、海鮮料理のお店です。

お店の窓からは、5月に乗った咸臨丸が見えます。日本丸は、出航中です。

幕の内定食と、奥さんは海鮮カレー定食です。

海鮮カレーというからには、カレーの中に海鮮ものが入っていると想像していましたが、海鮮とは、エビフライ、イカフライが別のお皿に盛りつけられているものでした。

観光施設の中の食堂で、万代の代わりは、期待するのが無理でした。

【淡路島のリゾートホテル ホテルアナガ】
南あわじ市阿那賀
TEL: 0799-39-1111

2013年5月31日(木)