南あわじ市 リフレッシュ交流ハウスゆーぷるの湯、南あわじ市文化体育館を訪れました。淡路島は広いです。

南あわじリフレッシュ交流ハウス  ゆーぷるの湯は、離れた所の源泉を運んで、加熱循環させている温泉です。 淡路(3)

福良港ターミナルから見ると、

鳴門観潮船日本丸が帰って来るのが見えました。

幕の内弁当を食べながら、

日本丸が接岸するのをじっと見ていました。

この後、近くの温泉の筒井・潮崎温泉に行きます。

その名も、ゆーぷるです。

正式に言うと、南あわじ市リフレッシュ交流ハウスゆーぷるです。

ゆーぷるは福良港から近くの山の上にあります。

山の上で温泉を堀開けたのかと思ってたら、

源泉は別の所にあって、

ある建設会社が所有してる源泉です。

その天然温泉のお湯を車で運び、ゆーぷるで加熱し、

濾過循環して使ってるそうです。

露天風呂は、海が見える眺望を期待していましたが、

見えませんでした。

ゆーぷるの向かいには、南あわじ市文化体育館があります。

お風呂の後にこちらに寄ってみました。

なかなか贅沢な建物です。

市外の方も、利用チケットを購入すれば、体育設備が使えます。

バレーボールが3面、バスケットボールが2面、卓球27台、

バトミントン6面、テニスコート2面、と、大変広い体育館です。

見たところ、今日は、高齢者の方が数名、

ランニングマシンを利用していました。

プールはあるかなぁ?と覗いてみても、

室内プールはありませんでした。

南あわじ市文化体育館のすぐ側の山に、

大きな岩の 断面が見えました。

これはかなり古い地層のように見えます。

固い岩盤に、ケーキにナイフをいれるように、

するどい、人工的に見えるような、切り口が見えます。

南あわじのドライブを終えて、

大磯に帰ってきました。

これから、梅の実の収穫を始めます。

奥さんを助手にして、ビニール傘を広げ、

梅の実が地面に直接落下しないように、

クッション役をしてもらいます。

魚を獲るヤスが付いた細長い棒を使って、

上の方の梅の実を枝から払い落とします。

それを傘を広げて、キャッチするのは、奥さんの役目です。

梅の実は沢山収穫出来ました。

2013年5月30日(木)