家庭菜園 夏野菜に欠かせない苗は? これが無いと 朝ごはんが寂しい夏野菜

投稿No:9553

五月晴の日には 夏野菜の植え付け ナス、キュウリ、トマトは定番

外に出ると日差しが強くなって

肌が日焼けするような太陽の強さになってきました。

家庭菜園の定番は漬け物用に、毎日収穫できる

なすびときゅうりを植えることです。

なすときゅうりがあれば、

毎朝、美味しいぬかみそ漬けが食べられます。

奥さんの希望はトマトです。

トマトは、大玉とミニトマトの2種類を植えました。

前もって、畝づくりを済ませているので

苗の植え付けはマルチシートに穴を開けて

苗を定植する作業です。

もう一つ、リクエストがありました。

Mちゃんがジャガイモを持ってきてくれて

このジャガイモを種にして

植えておいてちょうだいと頼まれています。

ジャガイモと一緒に安納芋の苗も植えました。

秋になると、芋掘りができるから楽しみです。

(過去ブログ:芋掘り体験でイモの収穫をしたU君とMeちゃんの孫たちは大喜び

夏野菜を植えて収穫をするためには

日々の作業が必要です。

なすは水で育つと言われるように

なすには水を切らさない様に、水やりが

おいしいなすを作る必須条件です。

トマトは脇芽がどんどん伸びてきて、

ほっておくと、脇芽にトマトの成長の

栄養がいってしまうので無駄な脇芽を

こまめに摘んでおかないと

まっすぐなトマトの枝になりません。

(過去ブログ:トマトは脇芽を摘むべきです。ぐーたら栽培でも、甘くて美味しいトマトが出来ました。

トマトはできるだけ

水断ちしたほうが甘いトマトになります。

きゅうりは1日収穫遅れるだけで、

翌日にはおばけきゅうりのように

大きなヘチマのようなきゅうになってしまいます。

(過去ブログ:アルファーガーデンで学んだ菜園栽培方法 学んだ理論を実践

ぬか漬けするにはまだ青い細い間のうちに

収穫しないといけません。

少し家を留守にしておくと

夏野菜は育ちすぎてしまって、

使い物にならないことがあります。

おいしい漬け物を頂くためには

こまめな作業がこのあと待っています。

梅雨になって畑に行かない様になったら

その後晴れた日に畑に行ってみると

雑草がぼうぼうに茂ってしまうことがあります。

草抜きも大切な作業です。

今年こそ美味しい

大玉トマトを収穫したいと期待しています。

家庭菜園 関連記事 アーカイブ