季節が変わると 花壇の花も変えます 花壇づくり実習 淡路景観園芸学校 受講記 ㉟

投稿No:9015

季節が変わると 花壇の花も変えます 花壇実習 淡路景観園芸学校 受講記 ㉟

季節が変わると 季節に合った花壇づくり 実習 

昨年11月に、

花と緑の栽培実習 花壇のデザインと花壇の施工の実習を受けました。

今年の4月には、花壇はこのようにきれいな花を咲かせました。

 

春から初夏へと、季節が変わると、

花壇も模様替えをしなければなりません。

キャンパスに絵を描くように、

これまでの花壇を全て白紙にもどします。

冬の晴れ間の日に、

新しく模様替えする、花壇づくりの実習演習がありました。

昨年班別で、花壇を作って、

花を咲かせた場所です。

春の花壇は、季節が終わると全て引き抜かれ、

また新たに新しい花壇づくりに取り組みます。

前回と同じように花壇の雑草を抜き取り、

土の上に石灰を撒いて、

耕運機を使って土を耕しました。

この作業は、昨年と同じことをしています。

4つの班に分かれて、1面づつを担当しました。

新しいキャンパスに、どんな絵を描くかは、

班別に皆さんと相談の上、決まります。

私は3班として、

3班に割り当てらた細長い花壇を担当しました。

耕運機を使って土を掘り起こすと、

化成肥料を撒いて、土と混ぜ合わせます。

花壇に何を植えるか、

どんなデザインにするかは、

次の演習の時に各班ごとに考えをまとめていきます。

この花壇は、園芸景観学校を貫通する、

2車線道路なので、

交通量も多く、車越しに花壇を見て貰えます。

さすが、景観園芸学校と言われる花壇を作りたいものです。

余った時間で、園芸学校の草むしりをみんなでしました。

とても広い敷地なので、実行したのは、

通路に沿って両脇にはえている雑草の草むしりです。

不要な花は、持ち帰っても良いと言われたので、

私はムラサキツユクサの株を頂いて帰りました。

淡路景観園芸学校 関連記事 アーカイブ

2021年6月4日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください