拡散希望 淡路市松帆海岸 絶滅危惧種「スナビキソウ」の絶滅危機防止のポスター パソナの開発から守ろう!

投稿No:8927

拡散希望 淡路市松帆海岸 スナビキソウの絶滅危機防止のポスター  パソナの開発から守ろう!

旅する蝶 アサギマダラの生息地を守ろう

 

 

社長研究室でも何度か問題提起をしてきた

松帆海岸のスナビキソウの絶滅危機についてですが、

この度、淡路景観園芸学校の授業で研究成果を皆様に発表させていただきました。

その時授業で使用したのパワーポイントでの発表内容をこちらでご紹介します。

スナビキソウの絶滅危機を救うため、

ポスターを皆さんで広めていけたらと思います。

【問題提起 松帆海岸のスナビキソウの絶滅危機】

1.スナビキソウとは

2.松帆海岸はアサギマダラの飛来地

3アサギマダラとは

4.松帆海岸スナビキソウの危機

5.SDGsの持続可能な種の保存

1-1.スナビキソウとは(絶滅危惧種 兵庫県レッドラインランクC)

海岸に生える多年草。

開花時期は4~6月。

アサギマダラの北上移動中 吸蜜を行い羽を休める休息地となる。

淡路島の最北端に位置する松帆海岸には、

夏になるとアサギマダラという蝶が、

スナビキソウの茂る海岸に飛来し、

蜜を吸う姿が観測されています。

スナビキソウは、海岸の開発による減少

外来植物の侵入により減少しています。

 

1-3.スナビキソウの保護活動

絶滅危惧種であるスナビキソウを守るため、

全国各地で様々な活動が繰り広げられています。

画像は、石川県松任の徳光海岸にあるスナビキソウの保護・保全を促す看板です。

みなさん一緒にスナビキソウを守りましょう

(白山手取川ジオパークHPより)

2-1.松帆海岸はアサギマダラの飛来地

淡路市役所 Facebook 2020.5.1020.5.18

【海を2000キロ渡る蝶が 羽休めに淡路市へ飛来】

初夏にはその逆コースをたどり、

5月初旬から中旬にかけて、淡路島最北端の

「松帆地区」に自生するスナビキ草の花の蜜を求め、

羽休めに飛来します。

その移動範囲を調べる「マーキング調査」も長年行われ、

5月17日(日)に撮影した2頭にはこの印が施されていました。

3-1アサギマダラとは

日本唯一の渡りをする蝶。

春から初夏の間に、台湾・沖縄や九州から北に移動。

秋は北から南に移動します。

中には2500キロも移動したという記録もあります。

3-2.アサギマダラのマーキング

長距離を移動するアサギマダラの移動状況調査のために、

各地でアサギマダラの羽に必要な情報を羽に

記入=マーキングする活動が行われています。

この活動により、アサギマダラの環境調査(自然環境の変化の把握)

生物生態調査(移動ルートの把握)に貢献しています。

3-3.海を越えて飛来するアサギマダラ

日本で生息しているアサギマダラは、

春から初夏にかけて台湾や沖縄、九州各地の島々の砂浜や高原で

休息しながら海を越えて北へ移動し、夏の間本州で過ごした後、

秋になると次の世代が南を目指し移動すると言われています。 

4-1.松帆海岸に接続するパソナの所有地

貴重なスナビキソウの生息地である松帆海岸が、開発により重機が稼働し、

スナビキソウの種の存続の危機を迎えています。

4-2.松帆海岸に重機稼働

松帆海岸に大きな重機が入り、

大きなシャベルで海岸を掘り起こしています。

スナビキソウの茂る砂浜が危機的状況になっています。

4-3.パソナが開発する西海岸

パソナは、淡路市西海岸沿いに、観光施設を幾つも開設しています。

松帆海岸が、観光施設、駐車場などになると、

スナ引き草とアサギマダラの危機的状況になりそうです。

5-1.SDGs持続可能な種の保存

「持続可能な開発目標(SDGs)」

2015年に国連サミットで採択されました。

SDGs目標の15として「陸の豊かさも守ろう」という項目があります。

自然の生息地が衰えることをおさえ、

生物の多様性がそこなわれないようにし、

絶滅が心配されている生物を保護し、

絶滅を防ぐため、緊急に対策をとる。

とあります。

スナビキソウの生える海岸を守ることは、

アサギマダラを守ることにもつながり、

二つの絶滅危機を守ることにつながります。

 

 

5-2.具体的活動 ポスター制作

絶滅危惧種であるスナビキソウを守るための具体的な活動の一つとして、

スナビキソウやアサギマダラについて伝えるポスターを制作しました。

ブログなどで公開、訪れた皆様に共有していただくことで

情報の拡散、保護活動への理解につなげます。

5-3.スナビキソウの保護と増殖

スナビキソウの種を採取し、

淡路景観園芸学校で発芽させ、安全な海岸へ移植させる。

スナビキソウの生息地である海岸を調査し、

許可を得たのちしかるべき方法で種を採取し、

自分たちで増やすことができるか模索します。

個体数が増えた後には、安全な海岸に植え見守ることとします。

5-4.ブログで啓蒙活動

冒頭でも書きましたが、

この社長研究室のブログでは、

スナビキソウの絶滅危機について紹介させいていただいてます。

アクセス数600万、一日のアクセス数平均2000~3000を超えることもある

当ブログでの啓蒙活動を継続的に行うことで、

皆様に知っていただくことができます。

スナビキソウとアサギマダラ 参考記事

パソナはSDGs「陸の豊かさも守ろう」 アサギマダラの飛来地 淡路市松帆海岸 絶滅危惧種の砂引き草が危ない ①

パソナの所有地 淡路市 松帆浦海岸で重機稼働 絶滅危惧種 砂引き草が踏みつぶされると、アサギマダラ蝶も生きられません ②

 

2021年3月5日(金)