沖縄北谷町の焼肉「金城(きんじょう)」で、メニュー選びに失敗です。

金城で焼肉と思っていたら、バーベキューのような焼肉になりました。第157回沖縄(14)  社長ブログ神戸/沖縄焼肉ランチ/焼肉金城

沖縄にくると、お肉が食べたくなります。

お肉の種類は、ステーキか、焼肉になります。

これまで、片山正喜さんを誘ってステーキを食べによく行っています。

これまでのお店は、金松、キャピタル、ステーキハウス四季などがあります。

今日は新しい情報に基づいて、初めてのお店の「金城(きんじょう)」に行く事にしました。

片山正喜さんの運転で、「金城」を探し当てて、お店の前に辿り着きました。

焼肉 金松の店内

お昼時なので、あまりお店は混んでいません。

入り口には、ガラス越しにこれから使うお肉の塊が、お客様に見えるように演出しています。

神戸の焼き肉店と、沖縄の焼き肉店の比較

焼肉なので、神戸で頂くような、カルビ、ミノ、ロース、バラなどを想像してましたが、選んだメニューでは、想像と違った物がでてきました。

神戸の焼肉と、沖縄の焼肉は違っても、これは仕方のない事です。

金城のメニューは、焼肉というよりはバーベキューという感じの内容です。

神戸では焼肉に、鶏肉や豚肉はセットメニューに入っていませんが、金城では、鶏肉・豚肉が堂々と入っています。

なぜこうなったのか、メニューを見ながらもう一度検証してみると、石垣牛ホルモン特上ハラミとなっていて、その下に、マルチョウ、アカセン、ツラミ、ハツ、焼きレバーが囲われていました。

ところが、これら一品一品は、セットではなくて、別々のオーダーになっている事が後から分かりました。

初めてのお店で、慣れない注文をしたために、期待した焼肉が頂けなくて残念でした。

焼肉金城と、ステーキの金松のお店は、かなり近くにありました。

前々から、一度は行ってみたいと思っていたお店なので、一度来てみて納得です。

2016年2月

コメントを残す