あっという間の年末年始の休暇は終わりました。那覇空港から神戸空港に戻ります。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

那覇空港の賑わいは、地方空港とは思えない賑わいです。各主要都市から那覇空港に向けて、飛行機が飛んできています。 第149回沖縄訪問(18)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

お正月も3日目になり、今日は、神戸に戻る日になりました。

朝ご飯は、リッキー君家族と一緒に、いただいています。好評の海苔巻きを、今朝もリッキー君のために巻いています。

冷蔵庫の食品は、順調に捌けています。これだと、残り物が出ないような、食の進み方です。

リッキー君は、のり巻きの中に、卵、きゅうり、うなぎ、カマボコを入れて巻くと、食べ残すことなく、全部食べられます。

お茶碗でご飯を食べていると、途中で気が散って、他の事に動作が移ることがありますが、海苔巻きだと、すのこを持って、ずっと食べ続けています。

帰る前に、前兼久の金城正浩さんのお家に、リッキー君達は、ご挨拶に立ち寄ります。

金城正浩さんは、お正月 元旦に、リッキー君たちが来なかったので、寂しがっていました。そこで、神戸に戻る、その足で立ち寄りました。

今、沖縄の新聞では、安倍晋三内閣が沖縄県知事選挙で、辺野古埋め立て反対派の翁長雄志(オナガ雄志)さんが選挙に勝って、前知事の仲井眞弘多(なかいま弘多)が負けたことにより、沖縄支援の予算削減を表明しています。

このような、あからさまな報復措置に対して、新聞の論調は、「沖縄はもう独立すべき」だと、主張しています。

沖縄レンタカーに車を返します。沖縄レンタカーの社長さんも、厳しい競争環境の中に置かれています。

車が少しずつ、減車しています。厳しい中でも、まだまだファイトはお持ちのようです。

那覇空港は、内地に戻る乗客で、ごった返していました。丁度、昼時だったので、空港施設内の食堂街は、どこも順番待ちの行列が出来ています。

ここでも、また、ソーキ蕎麦です。

軟骨のソーキ蕎麦は、簡単に骨が食べられて、硬さはありません。

神戸空港も、沖縄那覇空港ほど、沢山の利用客がいれば、減便にはならないのですが、那覇空港は別格です。内地の各都市から沖縄に向けて、飛行機が飛んできています。

帰りの便は、バスに乗って、駐機場に向かいました。

離発着の飛行機が多くて、こうでもしなければ、追いつかないようです。

飛行機はかなり遅れました。利用する飛行機の機体が、遅れを作っています。それに、バスで乗客を運ぶという手間も、遅れを作っています。

ジェット気流に乗って、帰りの便は、飛行時間は90分です。明石海峡大橋を超えると、もうすぐ神戸空港です。

神戸空港に着いて、飛行機から降りて、飛行場を見ると、もう夕日が沈む時刻です。

今回のように、朝から帰る準備をして、夕方に神戸に戻る時間帯では、一日が移動で費やされたような、時間の惜しさを感じます。

これで、第149回沖縄訪問は、終わります。

2015年1月3日(土)

コメントを残す