Monthly Archives: 7月 2015

沖縄恩納村産のパッションフルーツは、3週間熟れるのを待って、

お土産は、すぐ食べられるお土産もあれば、3週間熟させて、ゼリーに加工して食べて頂くお土産の方法もあります。とても手間と気(>続きを読む)

ラーメンロードの栄枯盛衰は、厳しい物があります。勝ち続けるの

ラーメンロードの三軒は、醤油ラーメンこそラーメンの王道だと理念を掲げています。社長ブログ/神戸の生活/三宮ラーメン さん(>続きを読む)

真夏の百日紅は、夏休みの始まりと終わりを知らせてくれる花でし

百日後に会う約束の恋人の代わりに咲いたといわれる百日紅は、何かを言い残しているような花です。社長ブログ/社長の生活/神戸(>続きを読む)

松葉の名前で検索すると、松葉寿司・おかみの日記で、松葉寿司を

松葉寿司の平野一彦社長は、神の手と言われる石部基実先生の手術を受けて、回復されたそうです。 神戸の社長ブログ/淡路ブログ(>続きを読む)

マンゴーの原産はインドで、沖縄でマンゴーを育てる為には、それ

マンゴーの花が咲く頃、沖縄では梅雨の時期になり、花は結実しませんでした。ハウス栽培になってから、雨は克服できても、台風、(>続きを読む)

日本の渚百選に選ばれた慶野松原で、思い出の渚を口ずさみました

淡路島の西淡地区は、日本の三大瓦の産地の一つです。 淡路で過ごす休日(1) 神戸の社長ブログ/淡路ブログ/慶野松原 淡路(>続きを読む)

プラザとは、さんプラザ館、センタープラザ館、センタープラザ西

描いた絵を係の人に渡すと、吹き抜けホールに吊されてあるプロジェクター画面に、自分の描いた絵が移動しながら出てきます。社長(>続きを読む)

もしも、鰻が神の使いと崇められていれば、今の鰻の高騰はありま

土用の丑の日には、日本中が、うなぎ、うなぎと騒いでいるときに、岐阜県郡上市美並町粥川地区では、鰻は鬼退治をした神の使いと(>続きを読む)

平賀源内先生の知恵で、土用の丑の日には、『う』の字がつくうな

鰻は高くなりました。鰻の代わりにナマズを使って、鰻の蒲焼きの代用の研究が始まっています。社長ブログ/神戸の生活/食べてみ(>続きを読む)

淡路市の花火大会は、淡路夢舞台の広東料理「海華(ハイファ)」

淡路夢舞台で見た花火を、孫のU君がすぐに絵に描いてプレゼントしてくれました。神戸の社長ブログ/孫ブログ 淡路市の花火大会(>続きを読む)