マンゴーの原産はインドで、沖縄でマンゴーを育てる為には、それはそれは大変な気苦労をされています。 沖縄ブログ/恩納村ブログ/マンゴー

マンゴーの花が咲く頃、沖縄では梅雨の時期になり、花は結実しませんでした。ハウス栽培になってから、雨は克服できても、台風、鳥、虫、天候がマンゴー成熟の成功要因になっています。沖縄ブログ/恩納村ブログ/マンゴー

沖縄恩納村の金城正則さん、金城千賀子さんから、お中元のマンゴーが神戸に届きました。

マンゴーは、沖縄でも高級果物です。

日本のマンゴーの生産高は、2011年度で1位沖縄県1620トン、2位宮崎県1108トン、3位鹿児島県461トンで、圧倒的に沖縄と宮崎が多い事が分かります。

マンゴーを早めに収獲すると、表皮には白い粉のようなものがついています。

これが熟れてくると、だんだんと表皮は赤くなり、油がついたようにべたべたしてきます。

日本でマンゴーの栽培を農家が始めたのは1970年以降ですが、初めの頃は、マンゴーの花が咲く時期に梅雨と重なり、雨でマンゴーの花は落ちてしまい、結実が思うように出来ませんでした。

沖縄の恩納村の友人の家の庭にも、野外のマンゴーの木がありますが、野外のマンゴーは、結実しても段々と木から落ちてしまい、1個500gもするような、立派なマンゴーには育ちません。

そこで温室栽培に切り替えると、マンゴーの受粉は上手くいき、だんだんと大きなマンゴーが安定して収穫できるようになったそうです。

マンゴーの温室に入った事がありますが、それはそれは、とても暑い温度です。高温多湿の中で、農作業は何時間も続きます。とても、ひ弱な都会の人が出来る環境ではありません。

一生懸命育てたマンゴーの収穫に災いするのは、台風と、鳥の害、虫の害です。温室のわずかな隙間から、鳥や虫が入ってきます。

ビニールハウスの場合は、台風でハウスが飛んでしまう事があるほど、マンゴー栽培はリスクが高いのです。

2015年7月25日(土)