Monthly Archives: 10月 2012

宍粟の山崎藩には、今も陣屋が残っています。酒蔵には杉玉がぶら

宍粟市ツアー(3) 大名と呼ばれたかったら、一万石以上の殿様になることです。米一石は150㎏です。一万石は1,500トン(>続きを読む)

愛する事と恋する事は、鮎と鯉くらい違うのでしょうか?

宍粟市ツアー(2) 愛は与えるもので、恋は奪うものです。鮎は一年魚で、鯉は多年魚です。 大阪市立大学大学院の博士後期課程(>続きを読む)

甘柿に渋柿を混ぜていても、見た目では区別出来ません。間違って

宍粟市ツアー (1) 渋柿に当たっても、じっと我慢して、甘柿のような自然な食べ方をしていれば、次の人にも気付かれず、渋柿(>続きを読む)

経営談義です。子ども達と経営談義です。これまで培ってきた経営

仕事が終わっても、仕事の延長の話です。子ども達を交えて経営談義です。今夜の土曜日の夜、三宮の街は多くの人で賑わっています(>続きを読む)

コンタクトレンズを高度管理医療機器として、安全性に配慮した販

さいたま市大宮へ出張(3) コンタクトレンズが価格競争で販売される中で、安全性を重視する販売店の経営者会議です。 コンタ(>続きを読む)

全国一の丹波黒大豆の黒枝豆を求めて、篠山市栗柄地区と川北地区

丹波篠山へ黒枝豆を求めて(2) 丹波市から地道を通って、篠山市に通じる道路を走っていると、篠山市に入ってすぐの場所に栗柄(>続きを読む)

店舗見学の意義です。店舗見学をすると、自社との違いに気が付き

店舗見学をすれば、自社にない工夫に刺激されます。さいたま市大宮へ出張(2) 店舗見学をしても、問題意識が根底に無ければ、(>続きを読む)

人生には3つの坂があります。一つは上り坂、もう一つは下り坂で

まさかこんなところに、まさかこんな値段で、まさかこんな美味しい黒豆が、に出会えるかもしれません。このまさかが求める坂です(>続きを読む)

北はりまエコミュージアムといえば、播州織の手作り衣料品です。

北はりまエコミュージアムといえば、播州織の手作り衣料品です。木綿のパジャマを使ってみると、肌触りがとても良かったです。丹(>続きを読む)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「仮説検証型のマネジ

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「仮説検証型のマネジメント」(2012年10月号) 仮説検証型のマネジメント こ(>続きを読む)