社長の趣味/植物・メダカの研究:カテゴリー・アーカイブ

幼い幼児に、園芸の楽しさを教えるには、まずは体験です。

片山正喜さんの指導の下、UくんとMちゃんはエンドウのつるが絡むネットの設置に励んでいます。 沖縄から、友人の片山正喜さん(>続きを読む)

沖縄産の亜熱帯植物たちは、内地の寒さに耐えられるでしょうか?

大寒から立春までの間、寒さに耐えられたら沖縄産のバナナ・パパイヤ・ハイビスカス・月桃・ヘゴヤシたちは、冬を越せます。 一(>続きを読む)

沖縄から持ち帰った芭蕉は、淡路島大磯で、芭蕉の群生にまで育っ

芭蕉は学術名をジャパニーズバナナと言われ、日本特有のバナナの一種です。 松尾芭蕉は、芭蕉の木の性格を考え、芭蕉の木は柱に(>続きを読む)

アルミ温室の亜熱帯植物には、厳しい冬がやってきました。

アルミ温室の最低気温は、1月現在、5度にまで下がっています。最高気温は24度です。 1年で最も寒い1月と2月がやってきま(>続きを読む)

ガーデニングと、ビオトープ作りに応援を頼んでいます。

階段式の滝を作り、水中ポンプを使って、池の水を循環させる計画が、シャボン玉のように消えてしまいました。 社長ブログ/趣味(>続きを読む)

アルミ温室には、沖縄植物のアリアケカズラ、カエンカズラ、ブー

アルミ温室のパパイヤには、花が咲いて、受粉が終わり、小さな実がついています。 アルミ温室に植えた沖縄の植物は、その後夏の(>続きを読む)

京都賞の先端技術部門(2016年)の受賞者は、金出武雄さんで

金出武雄さんは、自動運転の技術を、30年前から研究していたそうです。社長ブログ神戸/アルミ温室/ アルミ温室で植物の世話(>続きを読む)

日本の景気は、悲観論は覆りつつあります。

円高から円安へ、モノの消費からコト消費へ、変化が起きています。社長ブログ神戸/日本の景気/モノ消費とコト消費 アルミ温室(>続きを読む)

バナナは、鉢植えと地植えと、どちらが早く実をつけるか、競って

アケボノカズラの花は、ハイビスカスの花のように、毎日美しい花を咲かせています。 温室でガーデニング/アルミ温室/アケボノ(>続きを読む)

アルミ温室の真ん中に、花のトンネルをつくります。

アルミのフレームには、モズクの漁網を張って、蔓が絡みやすいように花のトンネルを作ります。 アルミ温室で、ガーデニングの作(>続きを読む)