淡路での休日 淡路ブログ:カテゴリー・アーカイブ

なぜ、レシートを発行しない飲食店が流行っているのでしょうか?

五色町の五色の浜辺には、綺麗な綺麗な波にもまれて、丸くなった小石が砂浜全体を埋め尽くしています。社長ブログ/神戸の社長/(>続きを読む)

洲本市の魚増鮮魚店の看板娘は、招き猫です。社長ブログ/神戸の

淡路ビーフ新谷では、ふるさと納税の御礼の淡路ビーフの発送で、冷蔵庫はいっぱいです。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡(>続きを読む)

淡路島美食物語のお店 海鮮食堂魚増で魚増定食を頂きました。社

洲本市役所近くの海鮮食堂魚増は、ご飯がなくなり次第終了します。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ 淡路島には(>続きを読む)

岩屋の正寿司で、奥さんがお寿司をご馳走してくれました。神戸の

にぎり寿司の食べ方です。食べるペースに合わせて、握りが出る方がいいですか?最初から皿盛りで、握りが出る方がいいですか? (>続きを読む)

淡路島の江埼灯台は、慶応3年(1867年)徳川幕府が兵庫開港

岩屋の神戸水産で、我が社の社員の皆さんにプレゼントする、ちりめんの調達を、社長さんにお願いしました。  淡路(3)社長ブ(>続きを読む)

淡路市の千年の湯は、10月から3月まで、閉まっています。どう

淡路市の千年の湯は、淡路市のゴミ焼却所から出た、余熱利用の温泉です。  淡路(2)社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡(>続きを読む)

一寸法師のお店で、海鮮丼を作ってもらい、今夜は梅見をしていま

桜のように、パッと花咲く業績向上型と、梅のように、じわじわと花咲く業績向上型と、どちらが良いでしょうか。淡路(1)社長ブ(>続きを読む)

楽天の女子社員が、淡路市のお好み焼き屋さん小磯で、黒服着用で

明石焼きは、たこ焼きと違って、粉モンの生地が薄いほど美味しく、薄いほど焼き上がりに手間が掛かります。 淡路 (4)社長ブ(>続きを読む)

淳仁天皇の淡路陵は、巨大な陵墓です。社長ブログ/神戸の社長/

淳仁天皇の淡路陵の脇には、大きな農業用の池があります。  淡路 (3)社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ 淳(>続きを読む)

福良港の「寿司一作」で、上にぎりを頂きました。社長ブログ/神

福良港の村上鮮魚店は、お店を閉店していました。  淡路 (2)社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ 福良港で、(>続きを読む)