神戸の社長/社長の生活 日帰りツアー(神戸から):カテゴリー・アーカイブ

淡路市の岩屋は、岩盤の土地です。淡路の野島断層が近くにあって

岩屋商店街を通ると、路上で座り込んで、岩屋の魚市場で競り落とした魚を、おばちゃん達が売っています。 淡路(1)社長ブログ(>続きを読む)

国道28号線を挟んで、山側に、渡舟食堂、海側に、お好み焼きの

渡舟食堂と小磯の二つの店は、兄弟の関係なので、ライバル店ではありません。お互いが、魚料理と、お好み焼きに、専門を棲み分け(>続きを読む)

蟹が群れるのは、脱皮時に敵から身を守るためです。社長ブログ/

カニは、エイに狙われやすいため、体を重ね合わせて脱皮の準備に入り、エイの体より大きい群れを作って、全員で身を守っています(>続きを読む)

寿司、板前修行は10年、では、そばは何年でしょうか?社長ブロ

淡路翁の流行る理由は、師匠の名声が凄かったようです。 淡路(1)社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ 淡路島に(>続きを読む)

ゆとり教育の世代は、学校では、所得を得ることについて、どの位

社員宿泊研修受け入れのための、準備を進めています。 淡路(1)社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ 新入社員を(>続きを読む)

淡路市道の駅東浦ターミナルパークの「Bicycle Hub

お父さん、鯛のあら炊きの味付けを教えて、と、娘から頼まれて、鯛のアラ炊きの実習です。 淡路5 社長ブログ/神戸の社長/社(>続きを読む)

淡路市の夢舞台にある、広東料理 海華 HAIHUA(チャイニ

淡路市主催の花火大会は、夢舞台から見ると、真正面に花火が上がる、特等席です。淡路4 社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/(>続きを読む)

食べたいときには金はなし、金があるときには食べられず、兎角こ

明石海峡と、明石大橋を挟んで、明石側から見る景色と、淡路側から見る景色とでは、どちらが美しいでしょうか。淡路1 社長ブロ(>続きを読む)

立江寺は、四国巡礼第19番札所です。

日本のお寺では、本来、積極的に信仰を促すために、ご本尊を見せた方が良いのにと思っても、秘仏とか、期間限定があって、皆既日(>続きを読む)

温室で育てられたカトレアも良いけれど、野辺に咲く、雑草の花も

工事に取りかかる前に、近隣にご挨拶に行く手土産に、淡路島の玉葱を選んだ、工務店の社長さんがいました。 淡路(2)社長ブロ(>続きを読む)