筍の皮のむき方は、縦に切断すると簡単です。

筍を湯がくときは、米ぬかが必要です。米ぬかのついている筍を選びましょう。 社長ブログ神戸/グルメ/手作り料理/筍/タケノコ/竹の子

フローラルアイランドで買ってきた筍を、これから奧さんが家で湯がきます。

以前孫のU君と一緒に王子動物園に行った時、象さんが足に体重をかけてあの固くて太い竹を割り、口に入れて食べていた光景に驚きました。

あの象さんが食べていた硬い硬い竹から見れば、これから料理する筍は、象さんなら皮ごと全部食べてしまいそうです。

しかし、人間は象さんのようにはいきません。

筍の皮を剥がして、出来るだけ柔らかい芯の部分だけを取り出して、さらにそこからアクを抜かなければ食べられません。

委託販売のフローラルアイランドでは、米ぬかが着いているのと、着いていない筍の出品があります。

消費者が絶対に必要な米ぬかがついているのを選ぶのは予想されることなのですが、それでも、米ぬかをつけない出品者がいるのです。

米ぬかが足りなかったので、お米を少し、米ぬか代わりに鍋に入れました。

随分前の事ですが、奧さんは筍の皮を切っているとき指を切ってしまいました。

それ以来、切るのが不安になってきています。

子供達も筍は好きですが、筍の皮を切る筍料理は苦手になっています。

やはり、子供達が見ていた、お母さんが包丁で指を切ってしまった思い出が、記憶に残っているようです。

筍の皮のむき方で、松葉博雄と奧さんに、方法の違いがあることが解りました。

小学生5年の時、家庭科の時間に、筍の皮のむき方を学校で教わりました。

真っ二つに割って、開いた筍の皮を一気に剥がし取る方法です。

これに対して奧さんは、真っ二つに切り口を入れるものの、切断まではしなくて、縦の切り口を入れると、頭の部分を斜め切りしていきます。

斜め切りにして、皮を手でむしり取っていく方法です。

筍は、重さの量り売りです。

でも、食べる所より棄てる所のほうが多いような、不公平な量り売りです。

これと似ているのは、スイカです。

スイカも量り売りで、大きい玉は値段が高く、小さい玉は安いのが一般的です。

しかしスイカは、食べるところより、棄てるところのほうが重さが重いのは一般的です。

鍋に入れて、上から米ぬかをかけて鍋の蓋をして、これからゆっくり筍を湯がきます。

最初は強火で、煮えくりかえるような湯がき方ですが、その後は弱火にして、三時間近くゆっくりと湯がき続けました。

筍料理をしようと思えば、湯がくまででも、ひと仕事です。

味付けは、まだこの後からです。

2016年4月8日(金)