神戸に地震が起きた1月17日、この日を忘れないようにと、もつ鍋と、水炊きセットを、社員に配りました。

神戸に地震があったことを、忘れないようにと、用意したもつ鍋を食べていると、阪神淡路大震災の追悼が、報道されていました。

さんプラザコンタクトレンズの、震災の記憶を忘れないようにと、社長が社員全員に用意した、九州福岡 若杉のもつ鍋と、水炊きのセットを、家で食べるように準備していると、テレビでは、阪神淡路大震災20年の追悼番組が、報道されていました。

20年も経つと、若い人達が成長して、今では神戸の市民の中で、震災を知らない人が、44パーセントにものぼっているそうです。

もつ鍋セットは冷凍です。鉄鍋に入れて、下からとろ火でゆっくりと、解凍していきます。

その間にも、大地震で落ちた三宮センター街のアーケードの映像が出ました。

もつ鍋セットの説明書では、ゆっくり解凍するようにということで、凍ったスープは、ゆっくり溶け始めています。

自宅で、追加のために用意した野菜は、にらと、ニンニクと、もやしです。

今日の震災追悼番組では、神戸市役所隣の、東遊園地で、地震が起きた同じ時刻に、追悼のための是認黙祷があったそうです。

もつ鍋のスープは、すっかり溶けました。スープが解凍できると、ガスの火をやや強め、具材を入れていきます。

奥さんに、一言、手が写ってもいいかなぁと言うと、昔は若いときは、もっと綺麗な手だったのにと、質問の主旨とは違う返事がありました。

もう一つの追加は、春キャベツです。春キャベツは、甘いのが特徴です。

神戸市中央区の兵庫県公館で、天皇 皇后 両陛下をお迎えして、追悼式典がありました。

段々と、鍋のスープが熱くなって、ゆっくりと煮えたってきました。

今日、2015年1月17日に、松葉博雄も、奥さんと一緒に、神戸市役所隣の、東遊園地で行われた、1.17追悼セレモニーに参加してきました。

もつ鍋の発祥は、博多と言われています。

以前に、大阪府立大学大学院の、北居明先生と、博多の越後屋で、もつ鍋を頂いた事を思い出します。

では、そろそろ、綿のようにふっくらと膨らんだ、モツを、いただくことにします。

1セットを、二人で食べれば、かなりの分量があります。

にらを入れて、ゴマをかけて、もうこれ以上入れるものが、無くなりました。

小皿に取り分けて、ビールを飲みながら、熱くなった口の中を、冷やしながら、もつ鍋をいただいていきます。二人で食べきれるかどうかぐらい、沢山あります。

神戸市都市計画局長(当時)の、鶴来紘一さんの映像が映りました。

松葉博雄は、鶴来紘一さんを知っています。

鶴来紘一さんは、株式会社さんセンタープラザの、社長を務めていました。

さんセンタープラザは、神戸市の外郭団体で、歴代の社長は、神戸市から天下りできています。

さんセンタープラザの株主総会で、松葉博雄は、鶴来紘一社長に、多くの質問をしたことがあります。

2015年1月17日(土)