三大珍味:日本の三大珍味は 「このわた」「からすみ」「くちこ」です。

三大珍味が揃いました。日本の三大珍味は 「このわた」「からすみ」「くちこ」です。

三大珍味が今日は松葉家に揃いました。

日本の三大珍味とは、「このわた」「からすみ」「くちこ」と言われています(ウニを入れるという説もあります)。

私は普段、ケーキやお饅頭のような甘いものをほとんど食べることがありません。
甘いものを戴いた時はほとんど周りの方に差し上げています。それで、気の毒にと思った奇特な方から辛口の珍味を戴きました。

珍味

「このわた」は海にいるなまこの腸から作ります。一瓶のこのわたにはたくさんのなまこが必要です。

珍味

運が良いことに、最近「からすみ」を戴いて、冷蔵庫にいれたままになっていました。

珍味

「くちこ」はなまこの中でも、冬の寒い時期のメスの卵巣を干して作ります。
くちこは軽く火に炙って食べるか、お酒に小さめに切ってくちこ酒にして飲むか、こまかく切って ご飯にまぶして食べるなどの味わい方があります。

珍味

このように別々の方から1つ1つ戴き物があり、なんと!三大珍味が揃いました。


いろいろな説があるようですが、一般的には、「うに」、「このわた」、「からすみ」のことを江戸時代から三大珍味と言うようです。この「うに」は元は生うにではなく、ウニの生殖巣を原料として、塩を混ぜ合わせてペースト状にした「塩うに」のことでした。「塩うに」は「うに塩辛」とも言います。福井県で製造された「越前雲丹(えちぜんうに)」が古くからよく知られていました。「このわた」とはナマコの腸を塩漬けし、熟成させたものです。ナマコの異称「こ」の腸ということから、「このわた」と呼ばれるようになったようです。「このわた」は古くから尾張(愛知県)、三河(愛知県)や、能登(石川県)の名産として知られていました。「からすみ」はボラの卵巣を塩蔵し、適度な塩味となるまで塩抜きし、主に天日で乾燥させたものです。その形が「唐(中国)の墨」に似ていることが名前の由来のようです。「からすみ」は古くから肥前(長崎県)の名産として知られていました。
【農林水産省ホームページより】


珍味

さらに、2003年物のワインの出来映えもよく、Beaujolais(ボージョレ・ヌーボー)が揃って ロイヤルストレートフラッシュ状態です。
(写真右からボージョレ、くちこ、このわた、からすみ、になります)

甘党(スイーツ党)にとってみれば、ショートケーキ、アイスクリーム、饅頭、生チョコが揃ったようなものです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です