JAS「コーラルアイランド」のポスター、与論城、地主神社、口之津移住開拓民之碑、満州与論開拓団之碑を見ました 第102回沖縄訪問(16)

JAS「コーラルアイランド」のポスター、与論城、地主神社、口之津移住開拓民之碑、満州与論開拓団之碑を見ました。
【恩納村前兼久から南へは豊見城市・糸満市・南城市、北へは与論島を駆け回りました その16】

昨夜は、与論島のネオンのない、真っ暗な夜空に輝く星を見て感動した後、黒糖焼酎「有泉」で酔っぱらって、寝てしまって、覚めた翌朝です。
ちょっといつもより早く目が覚めて、清々しい気持ちになったので、民宿「星砂荘」の付近を散歩してみました。周りはさとうきび畑ばかりです。

さとうきび畑の向こうには、風力発電所の羽根車が見えます。朝の8時ちょっと前の与論島の朝です。

民宿の廊下に張ってあった、等身大ほど大きなポスターには、昔懐かしいJASの「コーラルアイランド」の宣伝写真がありました。

この写真は、以前、見たことがあります。この「コーラルアイランド」の写真が旅行社に掲示されていた頃は、与論島に行きたくて行きたくて、たまらない時代でした。

散歩が終わると、朝食です。民宿が付近の景色の中で、大きな建物であることが分かります。

なぜ民宿は、こんなに大きくなったのか、女将さんに聞きました。NHKの「新日本紀行」の番組で、ある日、突然与論島が紹介されたことで、都会からどんどん若い人達が与論島を目指してきたそうです。

それまでは、与論島では、民宿があまりなく、若者を受け入れるために、民宿経営に転換したお家が続き、その中でも、経営に着目した民宿のオーナーは、宿を拡大し、部屋を増やし、どんどん広くなっていったようです。

ところが、いつまでも与論島ブームが続くわけもなく、沖縄が返還されると、沖縄の方に目が向いて、以前ほどは、民宿客が集まらなくなったようです。

似たような例を民放テレビ局が放映した「愛の貧乏脱出」で見たことを思い出します。テレビでお店が紹介されると、当日からビックリするぐらいお客さんが行列を作り、繁盛店に変ります。

でも、いつまでもテレビの放映効果が続くわけでもなく、後は経営者の腕次第です。

「星砂荘」の周りには、ハイビスカスが咲いています。綺麗なハイビスカスです。

8時ちょっと過ぎた頃、朝ご飯を頂きます。スターフルーツ、パパイヤの料理が出ました。

食事の後は、「星砂荘」の庭で民宿の経営者の家族と、片山正喜さんの愛犬リーを囲んで、みんなでひなたぼっこをしながらの団欒です。

オーナーの永井新孝さんは、あいにく出張中でした。留守を守る女将さんとお嬢ちゃんとの団欒でした。

片山正喜さんは「星砂荘」に何度も来ているので、民宿のお嬢さんと顔馴染みです。

民宿を出て、与論島の観光にまわります。民宿は、夕ご飯と朝ご飯が付いて、1泊5000円でした。

与論島には、高い山はありません。港から見える一番高いところは、城(グスク)で、地主神社があります。海抜100メートルそこそこの平らな島ですが、地主神社からは、与論島の全体を見渡すことが出来ました。

地主神社の鳥居をくぐって、奥に入っていくと、土俵があります。この土俵も、以前に与論島に訪れたとき、写真に写していました。

土俵は、当時は出来たばかりで、陣幕を張って、島での相撲大会があったようです。

昔の土俵の写真と、今の土俵の写真を比べてみても、それほど大きな差はありません。

しかし、この土俵の写真を見るまでは、以前にこの土俵を見たことをはっきりと覚えていませんでした。

与論島のお城の敷地には,神社があり、お墓があり、記念碑があり、沖縄本島の最北端である辺戸岬に向かって、ヤンバルクイナが友好の絆として像が建てられています。

ここの神社は、元々の与論島の城の跡に建てられています。ここからの周りの景色が、素晴らしく見えます。

ハングライダーに乗って、ここから飛び出せば、素晴らしい風に乗れそうです。

与論は、そんなに高い山はありません。ここが一番高いところです。城から見た、与論の周りです。

島の畑を見れば、一つひとつの畑が小さく区切られています。きっと、代々に渡って、子孫に畑を引き継いでいくうちに、兄弟が多いと、田を小さく分けて贈与したのではないかと思います。

昔は、田を分けることを「たわけもの」と言い、してはいけないものと、注意されていました。

しかし、兄弟が多ければ、お兄ちゃんだけがひとりで相続するというわけにはいきません。でも、あまり畑を小さくすると、一軒の生計が成り立ちません。

与論島は、太平洋戦争では、戦場になっていませんが、島の人口が増えて、食料が供給出来なくなる、天候による飢饉が起き、大変な生活苦がありました。

蘇鉄の実でさえ、食べたと言われています。そこで、島民の移住を促進した時代がありました。

記念碑には、九州の長崎県口之津の炭坑に移住した時の記述や、満州に移住したときの記述がありました。

とても苦しい時代が想像できます。記念碑に黙祷して、次の場所に行きます。

2008年12月3日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください