恩納村旧冨着住居地の礎石、古道、ガジュマロを見つけました。ガジュマロは、大木です 第102回沖縄訪問(8)

恩納村旧冨着住居地の礎石、古道、ガジュマロを見つけました。ガジュマロは、大木です。根を何本も地面に広げ、ブランコを付け、隠れ家を造りたくなる子供心を持たせてくれます。
【恩納村前兼久から南へは豊見城市・糸満市・南城市、北へは与論島を駆け回りました その8】

朝、モーニングコールをしてもらっていません。起きるのも自然に任せて、ゆっくり起きています。

今日は、片山正喜さんのお家に行くために、まず、金城正則さんのお家に車を取りに行って、車で片山正喜さんのお家に行く事になります。

途中でお弁当を買って、お弁当を片山正喜さんのお家で頂きます。片山正喜さんと冨着の森を愛犬のリーを連れて散歩に行きました。

昔の冨着村の礼拝所の跡があります。

以前、まだ冨着の皆さんが陸の上に住んでいた頃の屋敷跡があります。入り口には、石造りの階段があり、周囲は石垣で防風林を作っています。

崩れたり石段を上がって、中に入ってみると、屋敷の跡には、いくつかの礎石があり、後は草ぼうぼうになっています。

村の儀式に使うための、女の神様を祀る礼拝所の礎石、階段、屋敷の跡、最近付けた道印などが、点々と残っています。

石には、なにやら彫り物をしていて、マークなのか、位置を示す物なのか、謎です。

海岸の珊瑚を削って、陸に持って上がったようで、石は御影石ではありません。最近、奇特な方が、荒れた昔の冨着村住居跡を掃除し、生活道路を見つけました。

道路の脇には、大きなガジュマロの大きな樹が見つかりました。片山正喜さんは、このガジュマロの大木にツタを伝わせて、上の方に昇ったそうです。

ガジュマロの高いところからは、恩納村の海が一望できるようです。

松葉博雄は、「ガジュマロの樹の中間の辺りに板を張り、座ってお酒を飲めるような小屋を造ろう」と提案しています。

昭和初期から終戦頃までの、昔の冨着村の人たちの生活はどんな感じだったのか、思いが巡ります。

生活の中心となるのは、飲料水の確保ですが、谷の底には、小さな川が流れています。この川から、水甕に水をくんで、女性が頭の上に乗せて、生活水の確保を毎日していたようです。

最近、都会から来た人で、やや高齢の方が、付近に開墾した畑を見てみました。少し畑が荒れています。

バナナの木を間引きをしていないので、茂りすぎて、バナナの実が細くなっています。バナナが茂りすぎると、バナナの実まで栄養が行き渡っていません。

散歩から帰って、片山正喜さんのお家でお茶を頂いて、ちょっと模擬ピストルでビー玉を使って、ビール缶を標的にして、ピストルの打ち合いをします。

人に当らないように、空き地の資材倉庫になっている敷地に、缶ビールを立てて、10メートルぐらいの距離から、材木で固定した缶ビールを撃ちます。

最初は、なかなか当らなかったビー玉も、練習すると、命中率が高まってきました。

模造ピストルぐらいで、撃ってみたくなれば、新兵器や精密な化学兵器を作れば、実験してみたくなるのも人の気持ちかもしれません。

しかし、おもちゃと殺傷能力の高い兵器では、扱い方が違います。くれぐれも、お間違えのないよう、シビリアンコントロールでお願いします。

片山正喜さんの畑には、野菜バナナが実っています。よく手入れしていることが分かります。

ビービー弾が当ると、アルミ缶が凹みます。近くに行って確認してみると、意外に衝撃が強いようです。

晴れた日に、白く漆喰で塗られた冨着のお墓には、眩しいほどの夏の印象が残ったお墓がありました。

昼からは、アロハゴルフに行って、ゴルフの練習をしようということになりました。

 

2008年12月1日(月)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください