パヤオ直売店(沖縄県沖縄市泡瀬の泡瀬漁協内)では、魚汁定食、ウニイクラ丼、魚バター焼き定食、イセエビウニ焼き定食をみんなで食べました 第94回沖縄訪問(7)

パヤオ直売店(沖縄県沖縄市泡瀬の泡瀬漁協内)では、魚汁定食、ウニイクラ丼、魚バター焼き定食、イセエビウニ焼き定食をみんなで食べました。
【沖縄の名護市から日本の桜前線はスタートします。1月下旬には、名護市で桜祭りがスタートです その7】

今日も前兼久のムーンビーチ沖は、波が高く、空はどんよりとしています。まるで北陸の天気のようです。沖縄に太陽の日が照らなければ、元気が出ません。

金城家で朝ご飯

朝、10時頃起きて、金城正則さんのお家に行って、朝ご飯に、昨日作った粕汁などを頂きます。

金城家で朝ご飯

金城正則さんは、名古屋への出張から帰ってきて、さすがに疲れたのか、昨夜は、朝日会に行くことを止めていました。

金城家で朝ご飯

松葉博雄の奥さんが作った粕汁を、美味しそうに食べて、飲んで一日終えています。

金城家で朝ご飯

吏杏ちゃんは、だんだんしっかりして、首も据わって、じっとこちらを見ています。吏杏ちゃんは、泣かないし、ぐずらないし、とってもいい成長をしています。11時頃、朝ご飯の後のコーヒーを頂いています。

金城家で朝ご飯

今回のおみやげをクレアちゃんと伊音ちゃんに渡します。リップクリームです。金城正則さんには、「ベスト・フォーク100」を差し上げます。懐かしいということで、すぐに1枚のCDを選んで、聴いてみました。金城正道さんも来て、一緒に聴いています。2人にとっても、懐かしい曲のようです。

金城家で朝ご飯

その後、金城正則さんと一緒に片山さんのところに行きます。

片山さんの菜園

片山さんの菜園

少し雨が降ったようで、朝顔に露が付いています。

泡瀬のパヤオ

片山さんと冨着勝弘さんも誘って、泡瀬のパヤオに食事に行くことにしました。

泡瀬のパヤオ

パヤオというのは、漁師さんたちが集まって運営している共同売店です。

泡瀬のパヤオ

パヤオでは、自分たちで捕った魚を料理してくれます。

泡瀬のパヤオ

全国のあちらこちらに、魚市場があり、魚市場のすぐ近くには、食堂があって、採れたての魚を、刺身や、焼き魚、汁物、寿司などにして、安い値段で市場に来た人たちに提供しているお店があります。神戸だと、「まるも寿司」です。

泡瀬のパヤオ

泡瀬のパヤオ

たくさんのお客さんがお昼時の魚料理の注文をしています。獲れたての魚のようで、どれも美味しそうです。ごはんのお代わりは自由です。

泡瀬のパヤオ

魚バター焼き定食が1400円、イクラウニ丼1300円、魚汁定食が1100円、イセエビウニ焼き定食が1800円でした。

泡瀬のパヤオ

野菜も売っています。白菜を探していましたが、白菜はありません。

泡瀬のパヤオ

キャベツは、1個100円で安いです。

泡瀬のパヤオ

これから注文したお昼ご飯をパヤオで頂きます。食べている側で、注文する人が行列を作っていて、松葉博雄のテーブルの注文料理を見ながら、自分も何にしようかなと考えているようでした。

 

2008年1月26日(土)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください