ブセナテラスホテルの開放的なレストランで ポークカツカレー、孫のリッキー君は、お子様ランチです。

ブセナテラスホテルの開放的なレストランで ポークカツカレー、孫のリッキー君は、お子様ランチです。いつも年賀状の写真を心掛けていますが、そのうち、写真を撮ったこと自体を忘れてしまい、年賀状を作る頃には、いつも慌てて探していますが、何から探すかさえも、忘れてしまいます。 社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ 第149回沖縄訪問(8)

ムーンビーチホテルから戻って、

これから昼食に向かいます。

昼食の向かい先は、ザ・ブセナテラスホテルです。

穏やかな、暖かいお天気なので、

ブセナテラスホテルの開放的なレストランで、

昼食をいただくには、ぴったりのお天気です。

ブセナテラスホテルの玄関ロビーから、

すぐ目の前の名護湾が見えます。

ここで、来年の年賀状の写真の候補となる、

記念写真を撮っておきます。

いつも、年賀状の写真を心掛けていますが、

そのうち、写真を撮ったこと自体を忘れてしまい、

年賀状を作る頃には、いつも慌てて探していますが、

何から探すかさえも、忘れてしまいます。

さんプラザコンタクトレンズの社員旅行に、

ブセナテラスホテルを利用したことがあります。

今では、遠い思い出です。

あの頃は、今の社員の人数よりも少なく、

全員で沖縄旅行に行くことも出来ていました。

思い返してみて、ブセナテラスの写真は無いか、見てみました。見つかったのは、前兼久漁港でのシュノーケリングでした。

≫1987年1月

そんな思い出を、思い出しながら、

これから向かうのは、海の見えるレストランです。

12月31日だというのに、扉を開けて、

外と中が一体となった空間でも、寒さを感じません。

松葉博雄が選んだのは、ポークカツカレーです。

これは、2100円です。

他に、注文しているのは、

松葉博雄が絶対に食べない、サンドウィッチです。

サンドウィッチだと、皆さんで取り分けができます。

リッキー君は、お子様ランチです。

カツカレーがテーブルに登場です。

このカツカレーに対して、

カレーのルウは、この位しかありません。

そこで、思い出したのは、昨年も、このブセナテラスホテルで、カレーを注文して、このカレーに対して、これだけのルーでは、少ないと、皆さんの前でぼやいたことです。

どうして、同じ轍を踏んだのでしょうか?

前回の反省が、足りていないようです。

でもまあ、食べられないパン食や、サンドウィッチや、

バターやチーズを塗ったような、

ランチメニューよりは、ルーが少なくても、

パンダが竹笹しか食べられないように、

ご飯にカレーの方が、松葉博雄には正解でした。

2014年12月31日(水)


←前へ:第149回沖縄(7)

→次へ:第149回沖縄(9)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください