ムーンビーチホテルには、大きな陸亀(リクガメ)がいました。孫のリキィー君はジェットスキーに跨ってご機嫌です

ムーンビーチホテルのビーチには、大晦日でもビーチパラソルが温かい太陽を浴びて花開いていました。 孫のリキィー君はジェットスキーに跨ってご機嫌です第149回沖縄訪問(7)

恩納村のムーンビーチでは、温かい日差しの中で、

海に入って遊んでいる人もいます。

リッキー君は、お父さんと一緒に、

ムーンビーチに散歩に行ったという事を聞いているので、

朝日会の帰りにムーンビーチに寄ってみました。

ムーンビーチの白い砂浜には、

夏の日差しを避けるビーチパラソルの花が咲いていました。

沖の方では、ジェットスキーに乗って遊んでいる人もいます。

リッキー君はどこにいるのか、ビーチの周りを探してみました。

ビーチパラソルに寝そべって

、日光浴をしている人はいませんでした。

どこにいるのか、リッキー君は

。ムーンビーチホテルの室内プールの方に移動してみます。

ここから見るムーンビーチの景色は、まるで初夏です。

子供が喜びそうなおもちゃがありました。

これなら、この近くにリッキー君がいそうです。

孫のリキィー君はジェットスキーに跨ってご機嫌です

いましたいました。リッキー君は、

陸の上に置かれている、ジェットスキーのそばにいました。

ジェットスキーにまたがって、

波の上で走っているポーズを見せてくれました。

いつの日か、リッキー君は高校生以上になれば、

本当にジェットスキーに乗って、ひょっとすると

、後部座席に、綺麗なお姉さんを乗せて、

このムーンビーチを走っているかもしれません。

ここで記念撮影です。綺麗な砂浜で、

東シナ海の海を背にして、記念撮影です。

靴を脱いで、ズボンの裾をあげて、

ビーチの渚で、海に入ってみたいような陽気です。

ムーンビーチホテルの周りを少し散策してみます。

人魚の像とまた再開です。

人魚の像の左肩の下の、腕を折り曲げたあたりに、

お賽銭のようなコインが沢山置かれています。

コインをおいた人は、この寂しそうな人魚に、

何をお願いしたのでしょうか。

リッキー君は、とても活発な子です。

人魚の像を見ると、この人魚の像の上に足を乗せて登りたがっていました。

風のない穏やかなムーンビーチホテルには、

ヤシの木が、太陽の明かりをいっぱいに浴びて、

しばらく寒かったヤシの葉を温めるように、

なんだかほっとしているように見えます。

ムーンビーチホテルの中に入ってみます。

中庭の光り窓から、明かりが差し込んでいます。

上の階からは、ポトスが下に向かって蔓を伸ばしています。

この景色はとても癒しのある景色です。

ムーンビーチホテルの中庭には、海水魚が泳ぐ池があり、

沢山の熱帯海水魚が泳いでいます。

子供達の集まる人気のある場所は、亀さんがいるサークルです。

ここには大きなリクガメが二頭飼われています。

リッキー君も陸亀を見つけて、近づいてみると、

他にも陸亀をじっと見守っている子供がいました。

この大きな陸亀は、絶滅危惧種ではないかと、心配になりました。

もし、絶滅危惧種なら、元に戻してあげてほしいです。

気になるので、後でインターネットで調べてみると、

リクガメジャパンというサイトがありました。

リクガメはかなり高価なペットです。

ムーンビーチホテルで見た、

大型サイズになると、値段すらわかりませんでした。

2014年12月31日(水)


←前へ:第149回沖縄(6)

→次へ:第149回沖縄(8)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください