松田美代さんの魚屋さんの前で、ネコが留守番 第83回沖縄訪問(18)

松田美代さんの魚屋の新店舗は、ホテルムーンビーチの大通りに面しています。お店の前には、ネコが店番をしています。

【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その18】

玉城常司さんを訪れた後は、次に松田薫さんのお家を訪ねました。

松田美代さんの魚屋さんに行きます

松田薫さんのお母さんの松田美代さんが、新しく魚屋さんを移転したところです。オープンしたばかりで、お祝いに行きました。

松田美代さんの魚屋さんに行きます

松田美代さんの魚屋さんの前には、魚が大好きなネコが何匹も集まって、チャンスを狙っています。

松田美代さんの魚屋さんの前には、ネコが何匹も集まっています

松田薫さんのお母さんは、太っ腹で、いろいろと「神戸に持って帰りなさい。」と、売り物の刺身や貝の身を包んでくれました。

松田美代さんの魚屋さんの前には、ネコが何匹も集まっています

気になるのは、ネコです。

松田美代さんの魚屋さんの前には、ネコが何匹も集まっています

5匹ぐらいのネコが、まだ、ずっと狙っています。松田美代さんは、別にネコの存在は気にしていません。

松田美代さん

今夜の朝日会は、会長の冨着信和さんが、松葉博雄のために、素麺を沖縄仕様で作ってくれました。

素麺は、兵庫県の有名なブランドの「揖保の糸」です。

味は、鰹出汁で、とっても美味しいスープでした。たくさん茹でた「揖保の糸」は、ザルに盛られ、テーブルの真ん中で、水切りをされています。

焼肉「牛楽」

鰹出汁のスープは、大きな鍋にたくさん用意され、素麺を好きなだけとって、スープをかけて食べます。第83回沖縄訪問は、今夜が最後の夜となります。そこで、今夜は、いつもお世話になっている、金城さん家族を近くの焼肉屋さん「牛楽」にお招きしました。

焼肉「牛楽」

「牛楽」は、観光客相手のお店なので、地元の前兼久の方は、あまり利用したことはないようです。地元の人たちが、利用するには、少しお値段が高くて、観光客なら、仕方がないと思って払うお値段です。

焼肉「牛楽」

オーナーの方は、那覇にいて、あまり前兼久店に来ないようで、これだとお客様の生の声や、顧客満足について、現場を知らないことになりそうです。

焼肉「牛楽」

焼肉は、火を直接使うので、クレアちゃんがうっかり熱いものに触ったり、火傷をしてはいけないので、松葉博雄がクレアちゃんの押さえ役になっています。

焼肉「牛楽」

火傷をすると、後が大変なことになるので、活発なクレアちゃんの行動にハラハラしています。

焼肉「牛楽」

火は、見えるのですが、熱く熱した石鉢は、触らないと熱さはわかりません。

火傷をしてはいけないので、松葉博雄がクレアちゃんの押さえ役です

石焼ビビンバには、注意です。

火傷をしてはいけないので、松葉博雄がクレアちゃんの押さえ役です

ビールもよく飲んで、たくさん食べました。冨着信和会長さんがご馳走してくれた、「揖保の糸」も食べたばかりなので、お腹が一杯です。

焼肉「牛楽」

たくさん食べた後、お店の前で集合写真です。金城家の皆さんが、「ぜひ、うちの家に寄ってください。」ということで、お邪魔することにしました。

焼肉「牛楽」の前で、集合写真

今日のバレンタインデーのために、クレアちゃんを中心とした、金城家の女性チームが、松葉博雄のためにチョコレートを作ってくれたので、それを頂けるということです。

焼肉「牛楽」の前で、集合写真

とっても可愛いチョコレートを頂きました。

アンパンマンのチョコレートを頂きました

絵柄はアンパンマンです。

アンパンマンのチョコレートを頂きました

クレアちゃんも嬉しそうです。

クレアちゃん

しかし、今夜が最後で、明日は神戸に帰ることとなると、一抹の寂しさを感じる夜でした。チョコレートよりも美味しい、前兼久の皆さんの温かさを一杯頂いて、松葉博雄も明日は、神戸に帰る名残惜しい一晩でした。

 

2007年2月14日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください