大物クエのセリでは、「南栄」さんが落札しました 第83回沖縄訪問(12)

前兼久漁港の魚市場で、大物クエは、セリに掛けられる様子を逐一見ていました。「南栄」さんが落札です。

【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その12】

セリ市では、冨着信和会長が昨日釣った、30キロ超のクエがセリに出ることになっています。

クエのほっぺたには、1枚の紙が貼られています

さて、いくらの値段が付くのでしょうか?もし、安すぎると、朝日会で落札して、みんなで食べることになっています。

クエのほっぺたには、1枚の紙が貼られています

クエのほっぺたには、1枚の紙が貼られています。見ると、「31」と「27」という数字です。

これは、「このクエは、31キロですが、取引重量は、正味27キロですよ」ということです。

なぜでしょう?31キロが、27キロに減量される理由は、骨や、頭の食べられない部分を4キロとして計算し、風袋部分を除いて、正身部分が、27キロとして、取引価格×27が、セリ価格になります。

前兼久漁港のセリ

しかし、「おかしいなぁ」と思うのは、私達が魚屋さんで魚を買うときは、量り売りの場合は、風袋部分を引いてくれません。なのに、セリの場合は、生産者から風袋を引いてしまうのです。この差は誰の儲けになるのでしょう?

前兼久漁港のセリ

前兼久漁港のセリでは、たくさんの魚がセリにかけられています。

前兼久漁港のセリ

コンクリートの床の上には、プラスチックの長方形の箱に、今日、セリに出される魚が並んでいます。

前兼久漁港のセリ

どんな種類の魚がセリに出されているのか、写真を見てください。色とりどりのいかにも南国沖縄風のカラフルな魚が、目を引きます。

前兼久漁港のセリ

前兼久漁港の漁業組合の壁には、2枚のグラフが掲示されています。1枚は、糸もずくの生産量のグラフです。旧正月は2月18日で、分かるように仕切り線になっています。2007年の生産量は、例年よりも多くなりそうです。およそ、45万キロが糸もずくの生産量のようです。

糸もずくの生産量と最適出荷時期のグラフ

もう1枚のグラフは、「黄色くなりました。早めの収穫をお願いします」と書かれています。これはきっと、糸もずくの収穫時期を注意しているのではないかと思います。糸もずくの最適出荷時期は、黄色くなる前のようです。

糸もずくの生産量と最適出荷時期のグラフ

ところで、今日のメインイベントのクエは、どうなったのでしょうか?

冨着信和さんのクエは、セリにかけられないまま終ってしまいました

他のトロ箱に入った魚は、次々に仲買人の進行によって、値段が付けられていっていますが、問題の冨着信和さんのクエは、セリにかけられないまま、セリは終ってしまいました。誰が買ったのでしょうか?

冨着信和さんのクエは、セリにかけられないまま終ってしまいました

クエは、競り落とされた様で、車に運ばれて行きます。しかし、松葉博雄の目の前で、値段のセリは行っていません。いったい、どんな状況で、クエの値段と行方は決まったのでしょうか?

仲泊の大衆レストランの「南栄」さんが、クエを競り落としました

ショックですね。朝日会で、今日はクエは食べられません。クエを持って帰っている人は、仲泊の大衆レストランの「南栄」さんです。

仲泊の大衆レストランの「南栄」さんが、クエを競り落としました

朝日会と松葉博雄にとってみたら、食べたかった幻のクエは、ライトバンに乗って行ってしまいました。残念…。いったい、いくらで落札されたのか、知りたいものです。松葉博雄は、入札資格がないので、セリに参加できませんでした。クエだけに、悔いが残ります。

2007年2月13日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください