沖縄の儒教の思想 第76回沖縄訪問(14)

沖縄は年長者を尊重します。儒教の思想が根付いています。【第76回沖縄訪問:沖縄県恩納村朝日会、鰹つり、追い込み漁 その14】

追い込み漁から帰ってきて、早速、捕れた魚を料理します。

第76回沖縄訪問

タコの卵を茹でて、今からいただきます。味は酢とお醤油です。今日の朝日会のご馳走は、追い込みで捕った、魚のお刺身とシャコ貝、タコの卵です。

第76回沖縄訪問

鰹を使って、鰹汁をしてみました。大変好評です。シャコ貝の生け作り出来ました。貝の皿に乗せてとても素晴らしい演出です。

第76回沖縄訪問

仲程学さんがホテルから持ってきたのは、お肉盛り合わせです。

第76回沖縄訪問

和気藹々とビールを飲んで、夕暮れ時の涼しい風に当たっていると、前兼久の小学校から6時の音楽が流れてきています。

「カラスと一緒に帰りましょ♪」の童謡が聞こえてきます。童謡の歌詞のように、幼い頃から、小学校の頃から、友人の関係にある人たちばかりです。しかし、なんとなく集まっていた交友会を、規則のある朝日会として発足して、今年で6年になります。

第76回沖縄訪問

アオブダイをこれから捌きます。方言では「メンノエラブチャー」、「エラブチャー」はブダイのことです。

第76回沖縄訪問

今日捕った小さな鯛を仲程さんが気を利かせて、ホテルの調理人にお願いして、お寿司にしてくれました。

第76回沖縄訪問

とっても、美味しい小さい魚ですが、刺身にするにはとても包丁さばきが難しい大きさでした。

寿司

これを一つ一つ寿司にするのは、調理場の板長さんも大変だったと思います。

寿司

皆さん、楽しくいただいているときに突然、有銘さんが大きな声で何かを注意し始めました。何を注意しているのでしょうか??

第76回沖縄訪問

私には分かりません。何しろ、沖縄の方言で大声で言っているのですから・・・。何を言っているのか聞いてみました。そうすると、小さい魚の揚げたものが、なぜみんなに行き渡っていないのかと言っています。

第76回沖縄訪問

なので、崎浜さんがすぐに立って調理場に行きました。沖縄ではこのように、年長者が注意すると、年少者はすぐに「はい、わかりました」というようになります。年長者にまず、先に料理を出すというのも、これも沖縄のしきたりです。それが出来てなかったら注意を受けます。これは、儒教の思想だと思います。

松葉博雄もいつの間にか、年長者の部類に入ってきますが、まだまだ年長者もいますので、気をつけたいと思います。今夜が、第76回沖縄訪問の最後の夜になります。いつも名残惜しい気持ちになってきます。いつまでも有ると思うな時間と金ということになります。

2006年6月18日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください