コロナに負けるな 横須賀海軍カレー専門店調味商事より 社員の皆さんにレトルトパックを用意しました

投稿No:8778

コロナに負けるな 横須賀海軍カレー 社員の皆さんに用意しました

コロナに負けるな 横須賀海軍カレー 社員の皆さんに用意しました

コロナ感染の心配が続いています。

対面接客なので、細心の注意を払った対策をしています。

それでも、社員の皆さんには感染の心配があります。

そこで、なにか励ますものを用意したいと考えて、

横須賀海軍カレーを全員に用意しました。

コロナに負けるな 横須賀海軍カレーで軍艦のイメージつくり

横須賀海軍カレーは、たくさん届きました。

社員の全員に1人2パックを用意しました。

カレーのレトルトパックを組み合わせて軍艦のイメージを作ってみましたが、

軍艦に見えたでしょうか。

レトルトパックは重ねると滑るので、うまく積み上がりませんでした。

コロナに負けるな 横須賀海軍カレーとは?

明治初頭、創設間もない日本海軍は、日英同盟の繋がりから

英国式の兵式を採用して最新の軍事技術の習得を行いました。

軍艦での生活では、慢性的な栄養不足から脚気に悩まされて、兵食改革も喫緊の課題でした。 

英国はインドを植民地支配していたので、カレーはイギリスでもなじみの調味料です。

インドへ行けば、毎日カレーです。

インド巡礼記

写真 インド巡礼記より

イギリス海軍で採用されていたカレーは、

「栄養豊富」、「大量調理が容易」、「美味」と三拍子揃った大変優秀なレシピでした。

特に、スパイス(生薬)を贅沢に使用したカレーは、

医学的見地からも有用なレシピと言え、「寒さ暑さに対する適応力の向上」、

「新陳代謝の促進」などの健康効果が期待できました。

インドからイギリスへ、イギリスから日本へとカレーは伝わっています。

イギリス式のカレーを採用した日本海軍は、カレーを広く普及させました。

このように兵食改革の一環として、

カレーが広く普及して食べられるようになっていきました。

資料出典 Wikipedia 海軍カレー

コロナに負けるな 横須賀海軍カレー専門店 調味商事

横須賀海軍カレーを購入した販売元は、株式会社調味商事です。

代表取締役 瀬戸映男(セトテルオ)のプロフィールによれば、

1999年に「よこすか海軍カレー」のレトルトカレーを開発して、

一気に全国規模に商圏を広げたそうです。

現在は「よこすか海軍カレー」商標を管理する

「カレーの街よこすか事業者部会」の部会長をつとめています。

座右の銘は「良い仕事は良い家庭から」だそうです。

株式会社調味商事HP

コロナに負けるな 横須賀海軍カレーは1人2パック

社員の皆様に1人2パックずつお配りしたので、

軍艦のような形に積みあがるほどの量になりました。

レトルトカレーは保存がきいていつでも食べられるので、

皆さんにも好評でした。

お子様のいるご家庭にも喜ばれました。

主婦の皆さんは、毎日食事を作るのが大変です。

保存食はそんな手間を省いたり、非常時にも活躍します。

コロナに負けるな 横須賀海軍カレー 社員の皆さんに好評

持ち帰ってさっそく食べたそうです。

ありがとうございましたとの声もたくさん頂きました。

カレー 関連記事 アーカイブ

2020年10月7日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください