海岸散歩、海水浴,釣り,ウィンドサーフィンが楽しめる 淡路市久留麻ビーチ、シーサイドタウン

投稿No:8716

ウィンドサーフィン 淡路 久留麻海岸

淡路市 久留麻海岸  シーサイドタウン

コロナ感染リスクを避けて、昼食は車の中で、海を見ながらと考えて、

淡路市東浦の久留麻のあたりで、国道28号線を海岸の方向へ向かってみました。

久留麻にシーサイドタウンと言う分譲地があって、新しい別荘地になっています。

分譲地のすぐ前が海で、防波堤から砂浜へ出る事ができます。

浜辺も広く、長く続いています。

ここなら、生活にも便利な街中にありながら、海に近い生活を送ることができます。

東浦ICへも車で約4分と、神戸からのアクセスも良い所です。

もう、かなり分譲済で、新しい家が並んでいました。

淡路島海の見える土地

参考として分譲価格は1区画で、

価格 1,165万円 226.70m2 価格 1,173万円 204.19m2です。

商業施設 スーパーマルナカへ徒歩約8分 ホームセンター徒歩で行ける近さです。

海岸散歩、海水浴,釣り,ウィンドサーフィンが楽しめる久留麻海岸

私が30代か、40代で、初めて別荘を買うなら、ここが気に入りました。

そう思いながら、浜辺に行ってみました。

暑い夏といえば、やはり海です。

今年は残念ながらコロナの兼ね合いで、行くはずだった沖縄をキャンセルしました。

とても残念ですが、沖縄で楽しむ予定だった海は、淡路島でも見て感じることができます。

もちろん沖縄の海にはかないませんが、

奥さんと一緒に、東浦の久留麻海岸を見ながら、昼弁当をいただきました。

海水浴,ウィンドサーフィンを楽しんでいる人たち 

コロナで三密を防ぐには、家族の遊び場として、

川や海に来て遊ぶ人も多いと思います。

久留麻海岸にも、そんな家族連れや、海を楽しむ大人たちがいました。

沖縄の海のきれいさにはかないませんが、波の音と日差しは、

淡路島も夏を感じることができます。

海で遊んでいる人たちを見ていると、こちらまで楽しい気分になれます。

海岸散歩、海水浴,釣り,ウィンドサーフィンが楽しめる 淡路市久留麻シーサイドタウン

猛暑の暑さなので、久留麻海岸では、海水浴、ジェットスキー、ウインドサーフィンを

楽しんでいる人たちで、賑わっていました。

いくらコロナでも、この暑さなら、海で遊ぶ人たちが集まっています。

向こうに見える、電波塔は、大磯港にある鉄塔です。

ここから見て、割と近くです。

大磯も、海を埋め立てる前は、こんなビーチがあったことが想像できます。

ウィンドサーフィン 淡路 久留麻海岸 風に乗る

ウィンドサーフィンを楽しんでいる人もいました。

海水浴客が大勢いれば、危険ですが、今日の海岸は人はまばらです。

マリンスポーツのひとつ、ウインドサーフィンは、

サーフボードのような板(ボード)の上にヨットのような帆(セイル)をつけ、

風を受けて走るスポーツです。

ウィンドサーフィン またしたいな

私も沖縄でウインドサーフィンを習ったので、懐かしく思います。

ボードに立って、セールを起して、バランスをとる基本5ステップが出来るまで、

なんども、なんども、倒れてはボードに乗る、根気のいる練習でした。

見てるほど簡単な操作ではありませんでした。

5ステップが出来て、セールが風を捉えたら、ボードは突然早く走り出します。

少しづつ、うまくなると、とても気分のいいものです。

元気出して、またウインドサーフィンに乗りたいものです。

沖縄でのウィンドサーフィンを楽しんだことが、懐かしい気持ちになりました。

久留麻ビーチでウィンドサーフィンを操作している人は、上手そうに見えました。

遠くから見ていると、速いようには見えませんが、ボードに乗ってると

ウィンドサーフィンの速度は、どうしようかと思える程速いのです。

海の上で風を受け、セールを操りながら波に乗るのはとても気持ちがいいものです。

 

淡路市久留麻ビーチでは、これからセールを組み立てるひと、

姫路ナンバーの車で、久留麻ビーチに来ている人が、

車からウィンドサーフィンを下ろして、組み立てる作業が始まりました。

姫路から、久留麻ビーチまで遠征しているので、このビーチが良いみたいです。

海水浴客が少なく、ビーチが広いので、ここまで来ていました。

長い梅雨が明け、海に繰り出すことを心待ちにしていた人たちです。

ウィンドサーフィン 淡路 久留麻海岸 まとめ

偶然、淡路市久留麻ビーチに入り込みました。

ビーチの直ぐ側に、久留麻シーサイドタウンがあって、

海岸散歩、海水浴,釣り,ウィンドサーフィンが楽しめる別荘地です。

沖縄とは違う環境ですが、久留麻ビーチも魅力的なビーチです。

波のさざめきや、打ち寄せる波の音は、ストレス軽減の効果があるそうです。

なぜか海が見たくなるのも、無意識の心の声かもしれません。

コロナの影響で、ライフガードや監視員がおらず、海水浴も控え目です。

しかし、それでも海に入って事故になってしまうケースが後を絶ちません。

慎重に楽しく、この短い夏と海を満喫したいものです。

淡路市ビーチ 関連記事 アーカイブ

 

2020年8月9日(日)