岡山県名誉県民、土光敏夫先生の記念苑の近くにある、日本料理「はむら」で昼食を頂きました

2007年10月下旬のことです。お昼のサービスタイムに、夕食の半額ぐらいで、日本料理「はむら」の和食を頂きました。

日本料理「はむら」

日本料理「はむら」

お部屋は、襖を隔てて個室になっていますが、襖を開けるか、取り払えば、広間になるようになっています。

日本料理「はむら」

歓送迎会だと、30人ぐらいは大丈夫かなと思います。

日本料理「はむら」

最初に、人数分の小皿に持ったお料理を、一度に見せてくれます。

日本料理「はむら」

見てみると、色とりどりの小皿で、見た目でびっくりしてしまいます。

日本料理「はむら」

小皿を銘銘のお盆に分けて、揃えると、ちょうど一人分の先付けになります。

日本料理「はむら」

これをちょびちょび、お箸で突きながら、ビールを頂くと、程よいオードブルになります。

日本料理「はむら」

秋の季節を告げる銀杏の実を茹でて、松葉に刺しています。

日本料理「はむら」

日本料理「はむら」

京都料理らしく、湯葉や、豆乳を使ったお料理が出てきました。

日本料理「はむら」

日本料理「はむら」

コロッケがあります。

日本料理「はむら」

コロッケは、冷凍すると、保存がきき、お客様がどれだけ来るか分からない時には、食材として便利です。

日本料理「はむら」

ハマグリのおすましが、とっても美味しく感じました。

日本料理「はむら」

ビールを飲んでいると、吸い物はイヤなのですが、飲んでみると、美味しかったので、全部飲んでしまいました。

日本料理「はむら」

ご飯が最後の頃に出てきて、仕上がりは、3つの味のアイスクリームです。

日本料理「はむら」

これで、お昼の定食で、3000円と5000円のコースがあります。

場所は、岡山市の著名人、土光敏夫さんの記念苑の近くです。

日本料理「はむら」

最近の方は、「土光さんて誰?」と思うでしょうが、それは、当然です。土光敏夫さんは、
石川島重工業の社長をはじめ、行政改革を行った、第二次臨時行政調査会長を努めた方です。

随分、時代は変わったなぁと思いながら、「土光敏夫記念苑」を後にします。