丸山漁港:淡路島の丸山漁港で獲れた食材で夕ご飯を作ります。

丸山漁港で獲れた食材で夕ご飯です。淡路島の阿那賀、丸山漁港の食材で、ガシラの煮付け、穴子の付け焼き、かぶらの浅漬け、かぶらの葉の炒め物、沖縄のもずく、鯛茶漬け、鯛の刺身、鯛の味噌汁を作りました。

丸山漁港で獲れた食材はどれも新鮮で美味しそうです。今日は丸山漁港で獲れた食材を購入し、夕食を作ります。

大きなガシラを入れる鍋を用意します

淡路から帰って、夕ご飯作りです。松葉博雄は、味付け担当を仰せつかりました。ガシラは、20センチを超える、大きなサイズなので、鍋は、ガシラが入るほど広い鍋を用意します。

大きなガシラを入れる鍋を用意します

鍋が広いのは、ガシラを炊くには、都合が良くても、平たい鍋にガシラが浸かるほど、煮汁を作るためには、かなりの量が必要です。

ガシラと穴子を同時並行で料理します

出来るだけお湯を使わないつもりでしたが、醤油、みりん、料理用清酒、昆布で、味を付けます。

ガシラと穴子を同時並行で料理します

醤油を多めに入れて、お湯で割りました。

オーブンでは、穴子を付け焼きします。まず、穴子のたれを作ります。香ばしい醤油のたれを作るには、砂糖を使います。

穴子を丸ごと醤油たれに浸します

やはり、同じように、醤油にみりん、清酒を加え、砂糖を溶かしていき、どろっとするように、お湯を加えないで作りました。オーブンで焼けた穴子を、醤油たれに浸して、また、オーブンに戻して焼きます。

穴子を丸ごと醤油たれに浸します

刷毛でもあれば、刷毛で塗りながら、焼いても良いのですが、穴子を丸ごと醤油たれに浸しました。

穴子の匂いが、少しずつ部屋に漂ってきました

少しずつ、匂いが部屋に漂って、りんりんも、鼻を利かせて、寄って来ています。窓でも開ければ、穴子の匂いが、ご近所に漂い、きっと、猫が来るはずです。

穴子の匂いが、少しずつ部屋に漂ってきました

次は、かぶらを浅漬けにします。薄く切って、酢の味で、昆布の細切りと一緒に浸しておきます。

かぶらの浅漬けと、かぶらの葉の炒め物

その前に、かぶらの薄切りは、軽く電子レンジで加熱しておくと、漬け上がりが早くなります。

かぶらの浅漬けと、かぶらの葉の炒め物

かぶらの葉も、お湯で茹でて、炒め物にすることにしました。いろいろ同時並行して、進行しているので、台所は大忙しです。穴子が焦げないように、ガシラが焦げ付かないように、気をつけています。

かぶらの葉の炒め物

鯛のアラは、潮汁にしようと思いましたが、潮汁は、かなり塩を入れないと、味が付かないので、塩分を控えるため、味噌汁にしました。

とても豪華な夕食が出来上がりました

鯛の身は捨てるところがないほど、役に立ちます。

とても豪華な夕食が出来上がりました

お料理を始めて、1時間ぐらいで、だいたいの料理が出来上がり、ご飯も炊けたので、ホームページ用に写真を撮ります。

ガシラの煮付け

写真では、味が伝わらないのが残念です。

ガシラの煮付け

本当に美味しいのです。「これなら、和食屋さんが出来るのかな」と、自画自賛です。でも、毎日作るとなると、松葉博雄では無理のようです。

食べている途中で、冷蔵庫に、鯛の刺身を入れているのを思い出しました。

沖縄のもずく

鳴門の天然鯛ですから、身は締まり、歯ごたえのある、噛んでいると甘みが出てくるほどの、美味しい鯛でした。

鯛茶漬け

沖縄で頂いたもずくも、水洗いをし、食卓に追加です。これで、何品あるでしょうか?大変なご馳走になりました。今日の、淡路大鳴門のホテルアナガの和食を食べ損ないましたが、ひょっとすると、こちらの方が、充実しているかもしれません。最後は、鯛のアラで、出汁をとった、鯛茶漬けを作りました。上からネギの細切りをトッピングして頂くと、まぁ、美味しいこと。鳴門の春を告げる、お茶漬けになりました。

 

2007年2月1日(木)