自宅 植物園 バナナ パパイヤの栽培  アルミ温室 ガーデニング(1) 

自宅 植物園 温室で育てるバナナは、三尺バナナです。 アルミ温室でガーデニング(1)

自宅を 植物園に  

自宅を植物園にする計画です。 温室でガーデニングです。

自宅で沖縄風の植物園を目指します。最初の苗植えはバナナとパパイヤの温室栽培です。

鉢植えで育てる方法と、温室の地植えで育てる方法の両方で植物園を目指します。

それというのも趣味が多くて、暇が少なく、何から趣味の生活を始めようかと思うと、なるべく時間が不規則でもできるような、沖縄で見るような亜熱帯植物相手の趣味の生活です。

以前にワンちゃんを飼っていた時は、一緒に過ごす時間が多く、癒される反面、拘束される時間が多くありました。

生き物の中でも、メダカの場合は、あまり手間もかからず、拘束もされないので、気楽に続いています。

自宅 植物園は亜熱帯 沖縄風

アルナグリーンのアルミ温室を建てたので、このアルミ温室を使って、主に沖縄で見られるトロピカルな植物を育成したいと思っています。

以前からの目標は、バナナの実を、こちらで収獲することです。

沖縄なら、道端でも畑の隅でも、バナナを植えておけば、短期間でバナナの実がついて、収穫する事が出来ます。

そこで温室の中にバナナの苗を植えて、バナナが成長する様子を見守りながら、実際にバナナの実が収穫出来るかどうか、これから趣味として挑戦してみます。趣味なので、ビジネスではありません。

バナナを育てて、バナナの鉢を売ろうとするわけではありません。

自宅 植物園 沖縄のバナナ パパイアの苗

2016年の春、沖縄訪問の時に、ホームセンター メイクマンで買ってきたバナナの苗を神戸に送り、神戸で鉢に植え替え、水やりの世話をしていると、バナナの苗はぐんぐん成長してきました。

もう一つは、パパイヤです。

パパイヤも温室で育てて、実を収穫出来るよう頑張ってみます。

バナナ パパイヤの苗は地植え

温室の両脇に、土のままの場所を残しておいたので、この右と左の土の部分に、一方はバナナを、もう一方はパパイヤの苗を植えました。

2016年6月からスタートした、バナナとパパイヤの苗からの育成は、これからどのように成長していくか、注意深く観察していきます。

バナナの茎が伸びすぎると温室の天井に届いてしまうので、選んだバナナ、あまり大きく成長しない三尺バナナを選んでいます。

これから、どのように育っていくか、楽しみです。