花が咲いても、誰かが通わなければ、仇の花になります。

春の始まりから春の終わりに、植物は実を付けて、子孫を残そうとしています。 社長ブログ神戸/淡路/植物/梅の木

石炭を掘る、炭鉱を唄った、炭坑節があります。

炭坑節の一節には、

一山 二山 三山 越え(ヨイヨイ)
奥に咲いたる 八重つばき
なんぼ色よく 咲いたとて
サマちゃんが通わにゃ 仇の花(サノヨイヨイ)

と唄われています。

庭の木の梅も、寒い季節に綺麗な花が咲きました。

この梅の花に受粉をさせてくれる虫や鳥が通ってこなければ、梅の実はなりません。

ひっそりと花が咲いていても、通ってくれる人がいなければ、仇の花になるのです。

紅梅にも、沢山の小梅がつきました。

楽譜にオタマジャクシが並んでいるほど、一列に沢山の小梅が並んでいます。

まだ、ほんの小粒の梅ですが、これから日を追って、少しずつ太ってきます。

この梅を収穫するのは、6月の終わりか、7月の初め頃になりそうです。

サクランボの実も沢山つきました。

専門家なら、実を太らせるために間引きをするのでしょうが、

松葉博雄の場合は、どこを間引いて良いかわからず、全部サクランボになったほうが嬉しいなという欲も働き、間引きをしません。

春がゆっくりと進んで、これから初夏にバトンタッチしようとする頃、花が咲いた後には、子孫を伝える実が実っているのです。

スミレの花は、道路のコンクリートのほんのわずかな隙間に根を張って、毎年ここを我が宿と定め、花を咲かせ、株を太らせています。

雨嵐が強いときには塩水を被ってしまいそうな海のすぐ側に、スミレの花は、次のスミレを増やして、いつの間にか着実に子孫を増やしています。

植物や動物が、環境にうまく適用して生き抜いていて、自然に教えられる事が多いです。

2016年4月14日(木)