淡路市東浦では、マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦いをしています。

淡路市東浦では、マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦いをしています。皆さんがお休みの時に、誰かが皆さんにサービスを提供しています。淡路(1)

淡路市東浦 マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦い フローラルアイランド

人的サービス業の泣きどころは、皆さんがお休みの時に、休めないことです。

毎年、5月の初めはゴールデンウィークになっていますが、

 お休みの日でもコンタクトレンズの販売と、眼科の診療は続いています。

そのほんの僅かの隙に、家族サービスをします。どんなサービスかというと、

庭で炭火を使った魚介類とお肉のバーベキューです。

まずは材料の仕入れから始まります。

フローラルアイランドに来ています。物干し竿に、淡路島 室津灘産の干しだこが、

何重にも重ねて吊られていました。特大で2100円の立派なたこです。

干物になると軽くて持ち運びも便利です。

もし、これだけの量を生のまま全部吊り下げていたら、

重みで竿が落ちてしまうかもしれません。干しだこは見るだけで、買いませんでした。

「旨みを凝縮!!干しだこでうまいタコ飯を食べよう!!絶品!

タコ飯レシピ差し上げます」タコはイカのスルメと同様に、

干すことによって旨みが身に凝縮され、美味しくなります。

無農薬のリーフレタスや水菜、旬のスナップえんどう、グルメトマトなど、

スーパーにはない食材がラインナップされています。

初めての試みとして、筍を蒸し焼きにしてみます。

やはり今の時季、玉ねぎがお店の商品の中ではだんぜん主役です。

新玉ねぎは甘いので、新玉ねぎを焼きます。

カラーの花を見つけました。黄色いカラーの花です。

このカラーですが、実際は真ん中の軸だけが花で、

花弁に見える周りの部分が、内側にある(軸)花を守る役割をしています。

そうそう、この時季忘れてはならないのが、母の日です。

お母さんに感謝の日です。それを表すのがカーネーションです。

カーネーションの鉢植えを買いました。

次に、トマトを買おうと思って、いつも行く農産品直売所に寄ってみました。

もうすぐ旬のびわが、早くも出荷されていました。

びわといえば、以前びわの農家と直販所に行ったことを思い出します。

びわやレモンが並んでいましたが、トマトは品薄の為、

曜日を決めて販売していて、今日はトマトを販売しない曜日でした。

淡路市東浦 マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦い マルナカ

フレッシュマーケット マルナカに魚介類を買いに行きました。

予定している素材は、仮屋漁港直送のサザエやアワビといった貝類です。

炭火焼きに合うのは、サザエとホタテ貝です。

兵庫県産 仮屋漁港の天然丸アジは1尾が198円です。

すぐそばで獲れたものを直送しているだけあって、目の色が濁っていません。

選んだのはタチウオです。

次に、食べやすいのはイカです。

イカは捌いてもらい、すぐに食べられるようにしてもらいました。

愛媛県産の養殖タイもありました。

「上り」とあります。鯛は、この時季の鯛を「さくら鯛」といって、

旬で美味しく味わえるのですが、

この後産卵期を過ぎた秋頃の鯛は「麦わら鯛」と言われ、身の脂が落ち、

商品価値が下がってしまいます。

幼い孫がいるので、魚は骨のことが心配で、鯛、アジ、ヒラメなどは見送りです。

 

 

これで、魚介類を中心とした炭火焼きのバーベキューの食材が揃いました。

これから炭を起こして、バーベキューの準備に取り掛かります。

2013年5月2日(火)

淡路市東浦 マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦い 価格競争だけでは生き残れません。固定客創りがマーケティングのテーマになっています。

効果的なマーケティング方法の一つに、くじが当たれば、より多い金額の買い物がその店で出来

るという、射幸心を煽る方法があります。

淡路市東浦のフローラルアイランドでも、年末に一定金額を購入すれば、

くじの抽選券がもらえるというマーケティング方法をとっていました。

このくじの魅力に、地元の皆さんを始めフローラルアイランドに繰り返しリピートしているユー

ザーは、激しく反応して、抽選券を貯めて当選番号が発表される日を待っていました。

うちの奧さんもその一人で、今の時代はインターネットを使って当選番号を知る事が出来ます。

その結果、5000円分のお買い物券が当たったと、大喜びです。

しかし、実際に当たっているかどうか当選券と引き替える前にもう一度当選番号を確かめてみる

と、5000円の当たりくじは、番号の見間違いでした。

これにはがっかりで、かなり気落ちして、あの当たったと思ったときの興奮は消えてしまっています。

慰めのように、500円券が当たっていました。

5000円のつもりが500円なので、それはもう大変な落胆ブルーです。

最近のフローラルアイランドは、野菜だけでなくお魚とお肉が一ヶ所で買えるように、

ワンステップ型の販売方法に移っています。

きっと、この近くの小さな店は、影響を受けていると思います。

一週間の食材を調達するために、フローラルアイランドに来ています。

一週間の食材を運ぶには、車が不可欠です。

夏休みに入り、海水浴客が淡路島の各地で見られるようになりました。

フローラルアイランドの近くにサンビーチがあるので、

浮き袋を持ったままの子供連れの買い物客も来ています。

最近のニュースで、俳優の杉良太郎さんが、南あわじ市で、

美味しいスイカづくりに挑戦しているニュースを読みました。

杉良太郎さんとスイカとは、どう繋がるのでしょうか?

ニュースでは、杉良太郎さんのお父さんの故郷が、南あわじ市です。

幼い頃、南あわじ市で食べたスイカが美味しくて、

もっともっと美味しいスイカを改良して作ろうとしています。

その名も、「南あわじ良太郎西瓜」です。

そういうわけで、淡路島には、良太郎スイカに刺激され、

美味しいスイカを作ろうという気運が湧いています。

淡路市東浦 マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦い マルナカ

次の買い物は、スーパーマルナカです。

前回、燻製作りが良かったので、今日も魚の燻製を作ろうと考えています。

生のままだと、鱗をとる、内臓をとるなどの処理が必要です。

自宅で魚の下処理をすると、辺り一面、鱗が飛び散って、奧さんからブーイングがでます。

そこで、生魚はやめて、代わりの魚を考えます。

どんな魚なのか、考えたのが、これです。

淡路島の人口の少ない淡路市の、その又田園地帯の東浦地区でさえ、

フローラルアイランドだけでなく、四国から進出しているスーパーマーケットのマルナカが、

広い駐車場が整ったお店をオープンした事で、

これまで地元に根付いていた小型のスーパーマーケットは閉じています。

今日の買い物は、一週間分の野菜や卵、生鮮魚などです。

2015年の冬は、例年にないほどの暖冬で、野菜の生育がすこぶる良く、

獲れすぎるくらいの収穫量で、野菜の価格は売れば売るほど損するほど、

生産者には気の毒のような安値です。

淡路市東浦 マルナカ,コーナン,フローラルアイランドが激しい戦い コーナン

さらに競争相手となっているのは、日用品専門のコーナンが、

生鮮食品や魚、肉、までの食料品を扱っている事です。

斯くして淡路市東浦の人達は、マルナカ、コーナン、

フローラルアイランドの3店舗を回りなが

ら、しっかり価格と品質を比較して食料品を調達しています。

このような状態なら、フローラルアイランドがリピートとして使える抽選券を発行するのも、

確かなマーケティング方法です。

2016年1月