日本料理しげ松で祝い膳、七五三の宴です。

七五三の宴 振り返ってみれば、あっという間に次の世代、また次の世代に進みそうです。 社長ブログ神戸/孫ブログ/七五三/しげ松

日本料理しげ松で祝い膳、七五三の宴

生田神社で七五三参りをした後は、お祝いの宴です。

場所は、日本料理しげ松です。

日曜日だったので予約がどうなるか心配でしたが、

息子が電話でお願いしたところ、お休みの所を開けてくれることになりました。

幼児二人には、寿弁当です。

しげ松の女将さんの心遣いなのか、ビールのコースターの上には、松葉さん

の松葉が置かれていました。

大人4名、幼児2名の計6名で、しげ松のお座敷で祝い膳が始まりました。

いずれも職人さんの手の込んだ、彩りの素晴らしいお料理です。

しげ松の祝い膳には金粉が

特に、お祝いなので、料理のいくつかには金粉があしらわれて、

この料理がおめでたいお膳である事を示しています。

松葉博雄と奧さんにとってみれば、二世代目の七五三です。

昔の七五三の事を、ついつい思い出してしまいます。

3歳や、5歳、7歳の年頃は、とにかく可愛い盛りで、うちの子が世の中で一

番可愛いと思っていました。

そして、この子達が将来、自立できるようにする為には、まずは教育が大切

だと思っていました。

出来るだけ高等教育を受ける事で、物事の判断力が高まり、付き合う友人が

学識の高い人となり、結果的に、他人に迷惑をかけない自立出来る人になる

と、思っていました。

三人の子どもは、親の期待通り医師として自立した生活が出来るようになり

ました。

そして、今日のように、次の世代を育てる立場になってくれました。

ビールを飲むのは松葉博雄だけで、祝い膳としてはやや物静かな宴でした

が、自分達が歩んできた道や、これから子ども達や孫達が歩む道を、少し離

れて見る立場になったことに、感慨深くなりました。

しげ松 関連記事 アーカイブ

2015年11月22日(日)