和田金で、松阪牛の網焼きと、すき焼きを頂きました。

和田金の女将さんは、松田多美さんです。四日市の杉本先輩(2) 社長ブログ神戸/旅行 四日市/松阪牛 和田金

四日市市から松阪市まで、車で行けば一時間以上かかりました。

夕方出た頃の薄明かりは、松阪についた時にはもう真っ暗な夜になっています。

和田金には杉本先輩が予約してくれているので、席の心配はありません。

お店に入ると、従業員の皆さんが丁寧で親切な接客をしてくれました。

予約の部屋は、以前に来た時より広い、豪華な部屋でした。

和田金では、備長炭を使って炭火ですき焼きを作ります。

畳の間ですが、最近はお座敷でもイスとテーブルですき焼きを頂きます。

今夜はいくらでも飲んで下さいと、杉本先輩と奥様に勧められています。

和田金の松阪牛の今夜の頂き方は、一つはステーキ肉のようにやや大きく切ったお肉を醤油だれに漬けた後、網焼きで頂きます。

杉本先輩の高校時代のお友達も一緒です。

西川流の日本舞踊の先生です。もう一人は、踊りの先生のお友達です。

網焼きを焼くのは、全て仲居さんのお仕事で、お客さんはお肉をひっくり返したり裏返したりしなくてもよく、待っているだけでいいのです。

たまり醤油に漬けて網焼きしたお肉は、ずっしりと重みがあって、なんだか辛そうな感じでしたが、食べてみると辛さを感じる事はありません。

その次のお肉の食べ方は、砂糖と醤油だけで味付けするすき焼きです。

一枚のお肉が大きくて、細切れのすき焼き肉ではありません。

鉄鍋ですき焼き牛を焼き上げると、生卵で頂きます。

野菜も付け合わせて小皿に取ってくれました。これで、和田金のすき焼きが出来上がりです。

家では松葉博雄がすき焼きの当番をしていますが、お肉が違うのか、お肉の厚みが違うのか、お肉の部位が違うのか、家と全く違う美味しさです。

すき焼きの後は、お肉でひつまぶしです。

名古屋では鰻のひつまぶしが有名ですが、和田金では牛肉でひつまぶしを用意してくれました。

今夜の杉本先輩の主催する食事会は7名で、うんと話が弾んでいました。

上等な食材を少しだけで、お腹いっぱいになるほうが、お腹にはあっています。

今夜の和田金の網焼きと、すき焼きで、全員大満足です。

帰りには、松阪牛を持ち帰るように、手土産まで用意してくれていました。

和田金の女将さんは、松田多美さんです。

杉本先輩は、松田多美さんのその親の代からの和田金とのお付き合いで、ここではたいそうな上客です。

女将さんが指さしたのは、天井に届くほどの尾形光琳の絵ですが、これは陶板で出来ているそうです。さぞかし、高価な額だと思います。

2015年月11日10(火)