センタープラザ地階のそば処「鳴門庵(なるとあん)」は、馴染み客が多く、顔見知りの人によく会います。社長ブログ神戸/神戸三宮センター街さんプラザビルの地域近隣者/グルメ感想/鳴門庵

 そば処鳴門庵の人気メニューは、夏はざるそば、冬は雑炊です。 社長ブログ神戸/神戸三宮センター街さんプラザビルの地域近隣者/グルメ感想/鳴門庵

センタープラザビル地階に、そば処「鳴門庵(なるとあん)」があります。

鳴門庵に通い始めて、もう40年ほどになります。

客層は馴染みの方が多く、

お店に入るといつもの顔ぶれに会う事があります。

そば処とありますが、冬になると鍋物も有ります。

本日のお薦め品は、野菜たっぷり天ざるが1100円です。

梅おろしは850円です。

お薦め品は、普段より50円か100円ほど割引価格になっています。

松葉博雄は鳴門庵の親子丼が好きで、

お腹が空いているときは親子丼とミニそばのセット、

空いていない時は親子丼の単品が多いです。

鳴門庵の厨房は、今は奧さんが仕切っています。

鳴門庵で思い出すのは、1995年1月17日 阪神淡路大震災の後の、お店の復興の思い出です。

鳴門庵の皆さんは家族の絆が強く、震災復興の時も、

おばあちゃん、お父さん、お母さん、子ども達と、家族三代で頑張っておられました。

鳴門庵のそばは、そばの色がやや白いです。

寒いときの鳴門庵の人気メニューは雑炊です。

雑炊には、梅雑炊、鳥雑炊、チーズ雑炊、瀬戸内雑炊などがあります。

蕎麦だけなら、蕎麦猪口のそばつゆでおそばをいただくだけですが、

野菜天ぷらがついていると、揚げたての熱々の野菜天ぷらが一緒にいただけます。

鳴門庵は夜になると、馴染みのお客さんが集まって、居酒屋に変わります。

皆さんキープしているお酒は、そば焼酎の「吉兆雲海(きっちょううんかい)」です。

以前は鳴門庵のご主人が厨房に立っていましたが、

今は奥さんは代わりに料理を作っています。

そば焼酎をボトルキープして、

鳴門庵の奥さんの手料理でちびちび飲みたいものですが、

仕事の終わりはいつも車で帰るので、ここでお酒を飲む機会がありません。

2015年8月16日(日)