結婚してしばらくすると、旦那さんのことを、お父さんと呼んだり、奧さんの事をお母さんと呼んでいる人が多くいます。神戸の社長/社長の生活

鱧の湯引きを食べながら考えた事。社長ブログ/食べログ 食べてみました グルメ感想

家で料理をするのは手間がかかるので、どこかに外食に行きましょうと話は決まっても、

どこに行きますか?となると、なかなか思い浮かばないときがあります。

今日の夕食は、初めてのお店で、鱧料理を選びました。

松葉博雄は鱧の湯引き定食です。

奧さんは鱧のフライ定食です。

「こんなに食べられるかなぁ?」と、見た時に感じました。

奧さんは、全部食べきれるでしょうか?それでは頂きます。

ハモの湯引き定食は、全部食べる事ができました。完食です。

奧さんはやはり、ハモのフライは食べきれませんでした。

定食といっても、ハモの湯引きの他に、野菜の焚き合わせと、ちりめんが少々と、お味噌汁です。

初めて入ったお店なので、顔見知りではありませんが、

女将さんが料理を運んでくれたとき、こちらのはもの湯引き定食は、お父さんの、と言われたので、

誤解をされないよう、「私はこの人のお父さんではありません、旦那さんです。」

とコメントすると、女将さんは大笑いです。

世の中には、結婚してしばらくすると、旦那さんのことをお父さんと呼んだり、

奧さんの事をお母さんと呼んでいる人が多くいます。

これについては、前々から疑問をもっていて、

子どもの前でお父さん、お母さんと呼ぶのは結構ですが、

子ども達がいないのに、ご主人の事をお父さんと呼んだり、奧さんの事をお母さんと呼ぶのは違和感を感じています。

車で来ているので、ビールは飲めません。

ビールを飲まない食事は、あっという間に終わってしまいます。

やはり、食事はビールを飲みながら、あれやらこれやら、くちゃくちゃと喋りながら頂くのが、食事をしたとういう実感が湧きます。

2015年7月31日(金)