備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華で、冷麺を作ります。

備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華を美味しく頂くには、冷蔵庫の食材を追加すれば、一層良くなります。

従業員の為の慰労会で、参加者の皆さんに配った備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華を、自宅で頂いてみました。

暑くなると冷麺が食べたくなる季節です。そんな時に、備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華は、皆さんの期待に応えられる味だったでしょうか?

説明書きに書いていたとおりの時間で、麺を茹でます。

今朝、奥さんから受けた質問は、冷麺にはどんな具材を使うのか、という確認の質問です。一緒になって考えると、錦糸卵、キュウリ、ハム、トマト、さくらんぼでした。

後から思い出したのは、しいたけのあま炊きでした。しいたけをあまく炊くには、かなりの時間が掛かり、ここまですると、手の込んだ料理になります。

 備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華には、冷麺用のソースがついているので、ソースを使う手間はいりません。

主婦が急いで作る家庭料理に、備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華がぴったりであることが証明されました。

ナスの揚げものです。にんにくと、生姜と、花鰹をかけ、生醤油で頂きます。

ご一緒するのは、琵琶湖の鮎の甘露煮です。

気になるのは、社員の皆さんの、備中鴨方手延べめん 特製冷やし中華を頂いた、味の評価です。

評価を高める為には、袋に入っているものだけでなく、身の回りにある、冷蔵庫の中にある食材を活用すれば、インスタント食品から、家庭料理に昇格すること、請け合いです。

2015年6月15日(月)