ランチとディナーの違いは何ですか?と、考え込んでしまいました。

フランス料理で困るのは、松葉博雄です。困らないのは、奥さんです。

日曜日の夜、仕事が終わってお家に帰っても、買い物をしていなかったので、冷蔵庫には買い置きの食材がありません。

そこで、近所のレストランに行って、好きでもない洋食を食べることになりました。

阪急六甲の駅の近くの飲食店は、日曜日の夕方には、もう開いている店も少なく、何軒も歩いて、やっと開いている店を見つけたのが、今夜の「フランス料理 セラヴィ」です。

入り口には、本日のサービスランチが、1800円でありました。でも、ランチですから、ディナーでは無理です。

その隣に、2200円で、ステーキディナーがありました。これだと、子牛のフィレ肉のステーキ120グラムが、ディナーでいただけます。

お店に入っても、お客様はどなたもいらっしゃいませんでした。

松葉博雄と奥さんの二人が入って行くと、お店のご主人は、ほっとしたような表情でした。

壁には、シャガールのポスターが掛かっています。

注文を取りに来た、若い女性の方に、入り口に表示してある、本日のディナーを注文すると、あれはお昼だけです、と言われました。

さて、ビールですが、アサヒスーパードライは、置いていませんでした。キリンビールだけです。

お昼はランチと思っていたら、ディナーもお昼だったので、驚きました。

ディナーはお昼だけと言われたので、代わりに選んだのは、エコノミーコース(本日のスープ付き 3500円)です。

メニューで、エコノミーという名前を付けるのは、何だか違和感を感じます。

エコノミーといえば、飛行機のエコノミークラスとかいうように、乗り物ではよく使います。

料理を注文したとき、アレルギーはありませんか?と尋ねてほしかったのですが、確認が無かったので、こちらの方から、チーズやバターは使わないで下さいと、お願いしました。

実のところ、パンも嫌なのですが、フランス料理と言っている店なので、これは仕方がないかなぁと思って、焼きたてのパンは、奥さんに差し上げました。

子牛のフィレ肉は、軟らかくて、ソースとよく合っていました。

この子牛のフィレ肉は、軟らかくて、ナイフが抵抗なく入ります。

これに、ビールがアサヒスーパードライだったら良いのになぁと、頭の中で残念がりながら、いただいています。

食後の珈琲を勧めてくれましたが、松葉博雄は、珈琲を夜飲むと、眠れなくなってはいけないので、お断りしました。

デザートは、チーズやバターを使ったケーキなので、これも奥さんに差し上げました。

レジを通して、奥の厨房からは、時々シェフの動きが見えます。

向こうからも、こちらが見えます。

随分前のことですが、奥さんと、フランスに遊びに行き、パリのレストランで、何を注文してよいか分からず、レストランに居合わせたお客さんが、いただいている料理を選んで、あれと同じものを下さいと、注文したことがあります。

フランス料理のお店に入りながら、チーズやバターがだめ、パンがだめと言ったら、一体何しに来たのかと言われそうです。

食べる食材を、考えながら、もっと深い問題を考えていました。

それは、レストランの経営です。どのぐらいお客様が来るのか、分からないまま、ずっと来店を待ち続けることや、食材の仕入れをどの位しておくのか、パンはどの位焼いておくのか、立場を変えると、悩み深いことばかりです。

2015年3月8日(日)