なぜ、レシートを発行しない飲食店が流行っているのでしょうか?社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

五色町の五色の浜辺には、綺麗な綺麗な波にもまれて、丸くなった小石が砂浜全体を埋め尽くしています。社長ブログ/神戸の社長/社長の生活/淡路ブログ

司馬遼太郎の描いた高田屋嘉兵衛を主人公にした作品『菜の花の沖』を思い出させるような、菜の花の蕾が、淡路フローラルアイランドで売られています。

この菜の花が出る頃には、もう暫くすれば、梅が咲く頃です。そして、梅が散る頃には、桜のつぼみが膨らむ頃です。

お米をなるべく減らそうと、考えているにも関わらず、美味しいお米を求めてしまいます。

淡路島の生産者が表示されている、農家の自慢のお米3キロを買いました。

新玉葱も、初物が並ぶようになりました。新玉葱は、スライスして食べると、さくさくとした甘みのある美味しい味がたまりません。

雨の降るお天気です。『今日は雨が降る天気ではない』と書けば、これは、雨でも晴れでも、どちらにも使える天気予報になります。つまり、①雨が降る、②雨が降る天気ではない、と言えるからです。

ドライブの途中、以前から、行ってみたいと思っていた焼肉のあらい亭の近くを通ったので、お昼ご飯を食べにあらい亭に寄ってみます。

大きな道路から、かなり奥に入った、周りが田んぼの中に、あらい亭はあります。

二月の寒い時期なので、お部屋に入っても、少し寒さを感じます。こんな時は、ビールを呑んで、ポッカポッカと、体内を燃焼したいものですが、ドライブ中なので、ノンアルコールビールです。

客席は、ほぼ満席です。あらい亭の人気の高さが伝わってきます。

いつものように、塩タン、ロースを注文して、お肉が届くのを待っています。

周りの方の話では、かなり遠隔地からも、わざわざこのあらい亭に来ているお客様もいました。

一番手間の掛からない、利益率の高い一品は、なんでしょうか?それは、キャベツです。グリーンサラダを注文すると、出てきたのは、キャベツを切っただけのお皿です。

キャベツを角切りにするだけで、一皿300円です。かといって、フローラルアイランドで、一個100円のキャベツを買って、持ち込むわけにもいきません。

焼肉屋さんは、お客さんが自分でお肉を焼いてくれるので、世話が掛かりません。

同じような、お肉を出されても、食べるところによって味が違うのは、一番に肉質と、二番にタレの味です。

タレの味で、焼肉の味も引き立ったり、そうでもなかったりします。大抵の焼き肉屋さんは、醤油やソースのように、自由にタレをおかわりすることは出来ません。

タレは、お店にとって、企業秘密とも言えるほど、大事な商品です。従って、一席にタレは一皿だけです。

ご飯の代わりにクッパを注文しました。これなら、お粥なので、少量で満腹感になります。

寒かった体も、焼き肉を食べて、熱いおつゆを飲んで、次第に温かくなりました。

帰る時の精算です。驚いたことに、あらい亭では、レジスターがありません。売上の記録がないようです。これも、家族経営だから出来るのでしょうか?

外はまだ雨が降り続いています。あらい亭のお店は、お店と言うよりは、このあたりの民家の建て方です。普通の農家の屋敷を、利用した焼肉店のようです。

次のドライブ先は、五色浜です。五色県民サンビーチという看板がありました。

五色とは浜辺の砂利が、五色の色を混ぜたように、単色ではなくて、いくつもの色をした色が集まっています。

それが、建築資材に使われる事もあり、黙って大量に五色の浜辺の石を持って帰られると、浜辺が痩せてくるので、持ち帰り不可の表示が出ています。

夏には、賑わう浜でも、寒い寒い冬には、誰もいません。

玉砂利のような浜辺を踏みしめて、あちらのほうまで、五色の石を時々拾い上げて手にとって眺めてみました。なるほど、綺麗な石の混ざった五色の浜辺です。天然が作った、美しい浜辺なので、大事にしないといけません。

2015年2月26日(木)