玉家Jr.(たまやジュニア)名護店の沖縄ソバが、冷凍状態で届きました。

金武の観音寺の近くのお店「鍾乳洞貯蔵古酒蔵 龍の蔵」の、豆腐餻(とうふよう)が届きました。

沖縄そば王決定戦 人気ランキング第一位の、玉家Jr.(たまやジュニア) 名護店で、神戸に発送依頼した、沖縄ソバが届きました。

沖縄蕎麦の造り方は、

1.麺をほぐし、器に移します。お湯を注ぎ5~6秒(平麺の場合10秒湯通しして、お湯を切ります。

2.温めたスープと肉を入れ、ネギ、カマボコを上に乗せれば、出来上がりです。

松葉博雄は、奥さんと協力して、今夜は沖縄そばを、自宅でいただきます。

使うお皿は、沖縄模様の丼鉢です。

沖縄ソバの玉家Jr.(たまやジュニア)から届いた、沖縄ソバのセットには、豚肉の三枚肉が、味付けをされて、同封されています。

豚肉は、ミックスを選んだので、骨付きのソーキも、入っています。

沖縄蕎麦の細麺を選びました。細麺は、まだ生麺で、これから熱湯で茹でることになります。

一緒に入っているのは、紅ショウガと、かまぼこです。

沖縄そばの出汁は、ペットボトルで、冷凍状態で届いています。

急いで、食べるために、ペットボトルを切断して、中の氷の状態を取り出します。

鍋に氷を入れて、加熱を始めると、少しずつ出汁の氷の固まりが溶けていきます。

氷が溶けていく間に、沖縄そばの調理は、平行して進んでいます。

といっても、調理というほどの作業ではなく、生麺をどの位の硬さに茹でるかが、美味しく食べられるかの、岐路になります。

三枚肉は、電子レンジで加熱して、その後、だし汁に入れることにします。

生麺は、すぐに茹で上がるように、レシピには書いていました。しかし、少し長い時間茹でることにしました。

どんぶり鉢に移して、この後、具材を加えていきます。

骨付きのソーキ(豚肉)も、電子レンジで加熱しています。

加熱すると、ソーキを煮込んだ煮汁が、滴り出てきました。

用意された具材を、丼鉢の麺の上に、整えながら乗せていくと、沖縄ソーキ蕎麦の出来上がりです。

玉家Jr.(たまやジュニア)の沖縄そばのつゆは、透明度が高いつゆです。これが、とても美味くて、いけないと思いながらも、全部ツユを飲んでしまいました。

一緒に届いたのが、金武の観音寺の近くのお店「鍾乳洞貯蔵古酒蔵 龍の蔵」で買った、豆腐餻(とうふよう)です。

食文化は、一朝一夕でできるものではありません。

沖縄には、豆腐を沢山食べる食文化があります。

ゴーヤチャンプルーや、ソーメンチャンプルーにも、豆腐が入っています。

豆腐餻の加工方法は、ゴーヤチャンプルーやソーメンチャンプルーに使うような、豆腐の使い方ではなくて、豆腐を発酵させる方法です。

豆腐餻は、貴重な食品です。沖縄の皆さんでも、なかなか手に入らない時代がありました。

少し前まで、豆腐餻を注文しておけば、6ヶ月先まで、待たされた時代もありました。

小さな豆腐餻です。ガバガバ、むしゃむしゃ、といただく食材ではありません。ジーマミー豆腐もいただきます。

スプーンで、豆腐餻を掬い取りながら、周りに染み出ている、豆腐餻の液を掬いながら、そうっと口に運びます。

豆腐餻を口に入れると、豆腐餻が発酵して、醸し出している、アルコールの、古酒のような匂いと味が、口の中に広がってきて、口の中は、沖縄の深い味の文化が、鼻先まで伝わってきます。

2015年3月6日(土)