八房和膳 鯉川は、お富さんの歌にある「粋な黒塀…」の雰囲気のある、隠れ家的な造りのお店でした。

美味しいお店の開拓に、鯉川筋の北にある、一軒家を改装した和食の店「鯉川」に、下見に行ってきました。

平日のお昼のランチです。少し足を伸ばして、鯉川筋を北に上って行きます。途中、見えた景色は、生田神社です。生田神社は、 もう少しすれば、初詣の準備が始まります。

普段あまり通らない、夜の繁華街を歩いています。昼間見るとあまり人通りはなく、夜と昼の顔が違うようです。

夜の繁華街の近くに、煉瓦造りの教会もあります。

目指すお店は、「八房和膳 鯉川」です。探すのになかなか苦労しました。というのは、路地の奥の方にあるごく普通の民家の造りで、これが和食屋かと思うほど、意外性のある民家です。

昔、春日八郎がヒットさせた「お富さん」の歌詞に、「粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪 死んだ筈だよ お富さん 生きていたとは お釈迦さまでも 知らぬ仏の お富さん エーサオー 玄治店(げんやだな) 」といった歌詞があります。その、粋な黒塀です。

材木を焼いて黒くした塀の作り方が、昔流行っていました。板にコールタールを塗り、3枚を使って、三角形の筒を作り、そこに火を点けて板を焼く方法です。

この店のアプローチは、岡山の和食店「穂浪」の造りに似ています。

≫2013年8月

予約無しでお店に入ったので、客席を整えるまで玄関で立って待たされました。しばらくして客席が空き、通された部屋は、一つの部屋に3席のテーブルがある和室です。

照明の傘も、昔ながらの磨りガラスの傘です。

お昼のランチは、平日の12時半から14時半までで、用意しているランチは、八房和膳(刺身・天ぷら)2000円です。

不思議な感じです。タイムスリップした感じです。松葉博雄の子供の時代に戻ったような、家の造りです。

しばらく、料理が出来るのを待っておしゃべりをしていると、昔の友達の家に来たような感じです。

お昼のランチなので、ビールは飲めません。安納芋の練り切り豆腐、小松菜のお浸しが、先付けに出てきました。

お刺身は、日本海産のお魚が中心です。

今日の鯉川に来た理由は、実は下見です。今日の下見で、お店と料理が納得出来れば、次回にここでお祝いのお膳をいただく予定です。

お昼のランチなので、今の時点でのお客様は、年配の主婦の方が多いようです。従って、アルコールの注文はありません。静かに昼食をいただいている方ばかりです。

夜になると、きっとお酒の注文がどんどん出ると思います。カウンターにも、戸棚にも、あちらこちらに銘酒が並んでいます。

インターネットで見つけたお店です。実際に利用した方からの紹介ではないので、下見が必要でした。今日の下見で内容が確認出来たので、予約を入れておきました。

2013年12月3日(火)