経営理念の実現を目指して、新装開店です。

さんプラザコンタクトレンズの経営理念は、顧客満足と、従業員満足の両立する、良循環経営です。 店舗改装後

経営者の仕事の中で重要な仕事として、経営理念を定め、経営理念を具現化するために、経営戦略を実践していくことがあります。基本理念の「視力の回復」には、コンタクトレンズとメガネの販売があります。

8月16日(金)は、12時から新装開店で、早くも12時前から、お客様の行列が出来ました。

さんプラザコンタクトレンズの経営理念は、顧客満足と、従業員満足の両立する、良循環経営です。

顧客満足を得るのは、現場の従業員であることから、従業員満足こそ、顧客満足を得る源泉となります。そのために、従業員が顧客サービスをしやすい環境を作る必要があります。

コンタクトレンズの市場は、価格競争に陥っています。価格競争が激しくなれば、コスト削減が進み、従業員すら、コストと見倣すようになり、顧客サービスの質は低下していきます。

しかし、コンタクトレンズは、本来高度管理医療機器で、専門的な知識と経験が求められます。顧客からの質問に答え、的確なアドバイスを述べられるようになるには、5年、10年、それ以上の人材育成が必要になります。

十分な専門知識を吸収して、経験を積み、顧客のニーズに応えるように、知識を持った専門スタッフが、丁寧に相談に答えられるような、職場作りを、店舗改装のコンセプトにしました。

子供連れの主婦の方にも、子供が退屈しないように、おもちゃを用意しています。子供メガネの取り扱いもしています。

取引先からは、メニコンの田中英成社長、ボシュロムの足利英幸社長、シードの浦壁昌広社長、チバビジョンの松村誠一郎社長、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンカンパニーのデイビッド R.スミス社長から、お祝いの花が届きました。

従業員の皆さんは、昨日の開店準備に続き、今日も朝から、オープニングのシュミレーションをしました。

皆さんには、新装開店のお祝いに、心付けと、お弁当を配っています。朝礼では、新装開店を機に、一層の顧客サービスに努めるように、決意を新たにし、お客様の受け入れが始まりました。

2013年8月16日(金)