旬香 魚佐太でお昼ご飯です。淡路島のガイドブック掲載店です。

「旬香 魚佐太」でお昼ご飯。家族で淡路ツアー イチジク狩(2)

旬香 魚佐太

北淡町でいちじく狩をした後は、お昼ご飯はどこで頂こうか、淡路島の美味

しい店を掲載しているガイドブックを参考にして、予約を入れました。

これから行く店は、魚屋さんの「魚佐太」が経営している、「旬香 魚佐太」です。

最初に間違って魚屋さんのお店に入ると、お店のご主人が「あちらです」

と、指さしてくれたのが、直ぐ近くの「旬香 魚佐太」です。

掘りごたつのある個室がとれました。

ここなら、リッキー君が騒いでも、他のお客様には迷惑にはならなくて、ゆ

っくり食事が出来そうです。

魚屋さんが経営する店なので、志筑港に上がる近海の魚が美味しそうです。

お父さんがご馳走するから、好きな物を選んで食べてねと、大盤振る舞いの

姿勢を示します。

それなら一番豪華な御膳と、海鮮丼、松花堂、刺身の盛り合わせなどになりました。

淡路島で食べる魚料理は、魚が新鮮です。

特に、イカが柔らかいのに感心しました。

この時季、あなごが獲れてないようです。獲りすぎたのでしょうか?

あなごがいないそうです。

お昼頃になったので、どんどんお客様が入ってきて、お店は賑わってきました。

お店には結構なことですが、注文した料理を待つお客さんにとっては、待ち

時間が長くなります。

リッキー君は、個室におさまりきれません。

障子を開けて、廊下に出て、この店の別の部屋にも行きたそうです。

そうなると困るので、リッキー君が他のお客様に迷惑にならないように、適

当な所で取り押さえて鎮めなければならず、リッキー君のお父さんは大変です。

獲れたてのウニは美味しいなぁ・・口の中にとろけるような甘い味がします。

一番豪華な御膳は、一番時間がかかりました。

淡路ビーフもついていて、準備の時間がかかるのも無理もありません。

魚屋さんなので、お肉は、近くのお肉屋さんに仕入れに行っていたのかもしれません。

魚屋さんの魚佐太

旬香 魚佐太で昼食を済ませると、もう一度、魚屋さんの魚佐太に行って、

持ち帰り用の魚がないか、お店の中に入ってみました。

愛想の良いおじさんが、魚佐太の主人です。

小さなイカを甘辛く煮込んでいて、まぁ食べてみてちょうだいと勧められ、嬉しくなって食べました。

試食すると、やっぱり気持ち的には、何か買ってあげないとすまない気持ちになってきます。

あれやこれや魚を買って、茹で蛸も買いました。

暑い日なので、持ち帰りには氷が絶対必要です。魚佐太のおやじさんは、発

泡スチロールのクーラーボックスを用意してくれました。

そして、「うちの氷は、ちょっと余所と違うんですよ」と、なんと冷凍イカ

を氷代りに、クーラーボックスに入れてくれました。

こういう機微に触れるサービス精神がお客さんの心を捕まえるのです。

魚佐太の蛸は、茹で方が違うそうです。食べてみて下さいと、自信満々です。

蛸を美味しく茹でるには、よく揉むことと、塩味を付ける事です。

揉む方法は、手で指をつかってもみほぐすと、美味しくなります。

上手な勧め方とサービス精神についつい乗って、沢山買ってクーラーボックスはいっぱいです。

淡路島の東海岸は大阪湾を臨み、ドライブしていると、つい景色に見とれて、ハンドル捌きを誤りそうです。

淡路島 和食 関連記事 アーカイブ

 関連記事2012年9月9日(日)