真夏の結婚式: 梅雨が明けた直後の真夏の結婚式です。 新郎は、松井英郎君です。

真夏の結婚式です。神戸北野サッスーン邸にて挙式と披露宴 小西一彦ゼミの同期の松井英郎君の結婚式(1)

真夏の結婚式です。梅雨が明けた直後の太陽の光輝く夏の始まり、猛暑の始まりの頃、結婚式と披露宴のご招待を受けました。

ご招待頂いたのは、松井英郎君です。松井英郎君とは、神戸商科大学社会人大学院の、一期生の同期で、小西一彦先生のマーケッティング研究の同門生です。

**

場所は神戸北野にある神戸北野サッスーン邸です。神戸北野サッスーン邸は、 1892年に建造された歴史のある異人館の一つです。

**

目黒雅叙園グループが経営する式場で、非公開の異人館で式を挙げられる会場となっています。

**

神戸市はウエディング都市を目指しています。神戸にはウエディングの企画を盛り上げるには、すばらしい施設が沢山あります。

** **

北野町の異人館もその一つです。異人館の一棟を、その日の結婚式の為に全ての部屋を使います。

** **

サッスーン邸に、松葉博雄と奥さんが挙式前に到着すると、小西一彦先生も来られていました。

結婚式次第は、前奏から始まり、奏楽、讃美歌、聖書、祈祷、式辞、誓約、指輪交換、祝福の祈り、結婚誓書、宣言、頌栄、祝祷、奏楽という流れです。

** **

牧師様が来て、二人の誓いと指輪の交換、讃美歌を皆で合唱する、誓いの言葉に署名をする、などの結婚式は、全て異人館の一部屋で行われました。

牧師様は日本語と英語の二つの言葉で、参列者に分かり易いように、はっきりと結婚の十の約束を力強く説明してくれました。

**

特に、既婚者としてインパクトな言葉は、喧嘩しても、その日の内に仲直りをして翌日にまで延さない事、過去の事を繰り返し掘り返して相手を責めない事、などでした。

これは挙式の後の披露宴の時に、他の人からも出た同じ意見でした。最初の讃美歌はお馴染みの、312番(「いつくしみ深き」)です。松葉博雄は、中学生の頃「星の世界」の曲名で、音楽の時間に教わりました。

**

終わりにアーメンと唱和します。アーメンとは、そうだと同意を表します。

厳粛な結婚式が終ると、サッスーン邸の中庭に出て、改めて新郎新婦の行進に花びらとカラフルに染めた鳥の羽を、祝福に頭上から二人に投げかけます。

2011年7月16日(土)