社長の晩ご飯:神戸の社長は、月末、期末は、忙しく、外食をしています。

社長の晩ご飯です。神戸の社長さんは、日々忙しく働いて、晩ご飯は神戸三宮センター街の「万平」で外食です。

社長の晩ご飯です。神戸の社長さんは、日々忙しく働いて、特に月末は忙しく、さらに期末となると、あれやこれやすることがいっぱいあって、家に帰ってご飯を食べる時間的ゆとりもなくなります。

**

今日は、神戸三宮センター街の中ほどにある、「万平」へ行きました。万平は、寿司とうなぎのお店です。万平は、一品料理や寿司もありますが、写真のような定食がいろいろあります。

**

神戸の社長の晩ご飯は、刺身定食を頂きました。刺身、赤だし、漬け物、煮物、だし巻きのセットです。

**

刺身定食に、カボチャが付いていて、これは、一緒に行った奥さんに差し上げました。万平のサービス係の方が、松葉博雄がヌタが好きでないのを覚えていて、すぐに、ぬたを、きゅうりの酢の物に取り替えてくれました。

**

**

奥さんが頼んだ海鮮ちらし寿司には、お吸い物がついていて、ご飯の上に錦糸卵を敷き、穴子、鮪、鯛、海老、ホタテが乗っています。

**

一緒に行ったもう一人は、うなぎの蒲焼き定食を選びました。なぜか、今年のうなぎは、急騰していて、値段が上がっているそうです。何が原因でしょうか?

**

どうやら、これは日本だけの問題ではなく、世界的にうなぎの稚魚が不漁で、台湾産の稚魚は5割高になっているそうです。これでは今年の丑の日は、大きなうなぎが食べられそうにありません。

昔から、日本では夏バテを防ぐためにうなぎを食べます。夏の土用の時期には、暑さが厳しく夏バテをしやすいため、昔から精のつくものを食べる習慣がありました。

**

夏の土用の丑の日には土用のうなぎと称して、うなぎを食べる習慣が一般化したのは、幕末の頃です。夏場にうなぎが売れないと相談された、平賀源内が「土用の丑の日」と書いた張り紙をしたところ、うなぎが売れたのだそうです。

**

丑の「う」とうなぎの「う」をかけたのか、その根拠は分かりませんが、そうして夏のうなぎが日本人に定着しました。

万平の客層は、和食好きの、やや中高年の方が多く、いつもお店はお客様で溢れています。ほとんどがリピーターの方で、お店の方と顔なじみのようでした。

2011年5月31日(火)

社長の晩ご飯:神戸の社長は、月末、期末は、忙しく、外食をしています。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 永山 八重子 より:

    先ほどは。バーベキューをご馳走になり有難う御座いました
    奥様には立ち働かせて、また、ご主人様には、煙を浴びながら焼いていただいて、申し訳ないです。骨粗鬆症で思い出したので、検索していましたが、どうもヨーグルトがいいような事を思い出しましたので、ご報告します。お礼まで(^_-)-☆

    1. 社長研究室 より:

      永山八重子様

      コメント有り難う御座いました。
      初めての焼肉パーティーでしたが、楽しかったですね。
      また、やりましょう!

      骨粗鬆症の情報を頂き、有り難う御座います。
      医師のアドバイスで、奧さんはヨーグルトを積極的に摂取しています。
      ご心配頂き、有り難う御座いました。

              松葉博雄

コメントは受け付けていません。